Iコース(小3)

4月

ふしぎなトラのトランク

作 風木 一人、絵 斎藤 雨梟

鈴木出版 ¥1200+税

 町にトラがやってきました。それも、二本足で歩いて、その上、手にはトランクを下げています。いったいこのトラ何者なのでしょうか? 

5月

クリーニングのももやまです

作 蜂飼 耳、絵 菊池 恭子

理論社 ¥1200+税

 ももやまさんのクリーニング店には、なぜかちょっと風変わりなお客さんがやってきます。さて、今日はどんなお客さんが来るでしょうか?

6月

小さな王さまとかっこわるい竜

作・絵 なかがわ ちひろ

理論社 ¥1100+税

 ある所に一年中雨が降っている国がありました。そこの国の王様はまだ子どもでしたが、なんとか雨が止むようにしようと、旅に出ることにしました。

7月

宇宙からきたかんづめ

作 佐藤 さとる、絵 岡本 順

ゴブリン書房 ¥1300+税

ぼくがスーパーでおしゃべりをする不思議な缶詰に出会った。地球を調査するために宇宙からやってきたらしい。その缶詰がぼくにしてくれたのは奇想天外な話だった。

8月

リュックのりゅう坊1 どもだちいっぱい

作 工藤 直子、絵 長 新太

文溪堂 ¥1500+税

 りゅうの子どものりゅう坊はリュックが大好き。今日もりゅっくを背負ってお出かけです。りゅう坊とともだちの楽しいお話がいっぱいです。

9月

おばけのジョージー おおてがら

作・絵 ロバート・ブライト、訳:なかがわ ちひろ

徳間書店 ¥1200+税

 ジョージは小さなおばけです。おばけだけど、気が弱くて、はずかしがりや。そんなジョージですが、ある晩泥棒相手に大活躍!可愛らしいおばけのお話です。

10月

のろのろひつじとせかせかひつじ

作 蜂飼 耳、絵 ミヤハラヨウコ

理論社 ¥1300+税

 見晴らしの良い丘の上に二匹の羊が隣同士に住んでいました。一匹はせっかち、もう一匹はのんびり。でも二匹はとても仲良しなのでした。ほっこりする物語です。

11月

おじいちゃんの口笛

作 ウルフ・スタルク、絵 アンナ・ヘグルンド、訳 菱木 晃子

ほるぷ出版 ¥1500+税

 ぼくの友達ベッラにはおじいちゃんがいて、ぼくにはいない。するとベッラがおじいちゃんのいる所へ行こう、と言い出した。そこは老人ホーム。そこでぼくは一人のおじいさんと知り合いになった。

12月

おさわがせなバーティくん

作 ケネス・グレアム、絵 アーネスト・H・シェパード、訳 中川 千尋

徳間書店 ¥1200+税

 冬のある晩、すっかり退屈していた黒豚のバーティは他の動物たちを誘って、近所の家にクリスマスの歌を歌いに行こう、と誘いました。歌のお礼にごちそうが食べられるはずだったのですが…

1月

ごきげんなすてご

作・絵 いとうひろし

徳間書店 ¥1300+税

 お母さんは、あかんぼの弟ばかり可愛がる。きっと私なんかいらないんだ。そうだ、すてごになって、すてきなお家の人に拾ってもらおう。女の子はダンボールに入ってすてごになってみますが…

2月

ゆうれい回転ずし 本日オープン!

作 佐川芳枝、絵 やぎ たみこ

講談社 ¥1400+税

志半ばで、不運な事故により命を落とした寿司職人の一平は、お釈迦様の計らいで人間界に戻りお寿司屋を開くことに。さて、どんなお寿司屋さんになるのでしょうか? 

3月

あさって町のフミオくん

作 昼田弥子、絵 高畠那生

ブロンズ新社 ¥1300+税

 あさって町に住むフミオくんの毎日はちょっとへんてこ。シマウマに自分の子どもと間違われたり、がいこつのおじさんとプールに行ったり。いったいどうなってるのでしょうね。