今、あなたにこの一冊 2019年8月


タコが友だちっていかが?

写真絵本/3〜4歳から

タコやん

富安陽子 文、南 伸坊 絵

福音館書店 ¥1404

ある日しょうちゃんの家にタコが遊びに来ました。しょうちゃんはタコと遊ぶのはいやだなって思ったのですが、タコはテレビゲームもサッカーも上手なのです。なにしろ8本足がありますからね。友だちも巻き込んで楽しく遊んでタコは海に帰って行きました。この夏、あなたのお家にもタコがやって来るかも?

 

いつもと違う道を行くと…

絵本/3〜4歳から

こんたのおつかい

田中友佳子 作、絵

徳間書店 ¥1512

こんたはお母さんに頼まれてお豆腐屋さんへお使いに。家を出てしばらく行くと、花の道と森の道の分かれ道に。普段お母さんと出かける時は花の道を通るのですが、なんとなくいつもとは違う道を通りたくて、森の道へと進んだのですが…。さて、こんたは大丈夫かな? ちょっぴり怖いけれど、楽しい絵本です。 

山では不思議なことが起こる

絵本/小学低学年から

火 あやかし

飯野和好 作、絵

小峰書店 ¥1728

昔々のお話です。とある兄弟が京都の山深い峠道を歩いておりました。日はだんだんと暮れていき、お腹も少し空いてまいりました。ふと行く先を見ると、火が燃えているのが見えるではありませんか。兄弟が歩を進めると、誰かが焚き火をした跡が。火も残っているし一休みしようとした兄弟でしたが、その身に恐ろしいことが…

 

星に少し詳しくなれるかな?

絵本/4〜5歳から

はじめてのほしぞらえほん

村田弘子 文、てづかあけみ 絵

パイインターナショナル ¥1944

夏は海や山へ行って、満天の星を眺めたい、なんて思っている人多いのでは? どうせなら星について少しは知識を持っていた方が絶対いいですよね。そこでこの絵本。とてもわかりやすく星について書かれています。親子で読むのにぴったりの一冊です。

 

少年と老詩人の心の交流

読み物/中学生から

あたらしい図鑑

長薗安浩 作

ゴブリン書房 ¥1620

中学1年の僕は野球の試合で足を痛めてしまった。その治療で通った病院で、村田さんというおじいさんと知り合いになった。背が高くてちょっと風変わりなそのおじいさんとの関わりの中で僕は何かが少しづつ変わり始めたのだった…。13歳、自我に目覚め始めた少年の少し甘酸っぱいひと夏の物語です。

 

貴重な戦争のお話をぜひ?

読み物/中学生から

知らなかったぼくらの戦争

A. ビナード 編著

小学館 ¥1620

この本は著者のビナードさんがパーソナリティを務めていたラジオ番組で様々な方にインタビューしたのをまとめたものです。兵隊だった方、日系人として収容所に収監された方、GHQで働いた方、実にいろいろな立場から戦争について語っています。今までとはまた違う角度から戦争を知ることができます。ぜひご一読を!


今、あなたにこの一冊 2019年7月


水族館に行こう!

写真絵本/4〜5歳から

すいぞくかんのみんなの1日

松橋利光 写真 なかのひろみ 文

アリス館 ¥1728

私は水族館が大好き。大きな水槽の中を泳ぐ魚たちを見ているだけでなんだか癒されます。あなたはどうですか? 水族館に暮らす魚たちの1日を追ったのがこの絵本です。イワシ、サメ、マンボウなどがどんな1日を過ごしているかがよくわかります。水族館の飼育員の仕事も描かれていますよ。

 

スイカでおさかなゲット?

絵本/5〜6歳から

ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

庄野ナホコ 作、絵

講談社 ¥1404

いつもお腹をすかせている猫のルッキオとフリフリ。ある日、二匹の畑に大きなスイカがなっているのを発見。二匹はこれを海辺に遊びに来ている人に売って、マグロを買おう、と勇んで海辺へと出かけて行きました。果たしてうまくいくのかな? おとぼけコンビのお話です。

 

ゾクゾクしたいあなたに!

絵本/5〜6歳から

いるのいないの

京極夏彦 作、町田尚子 絵

岩崎書店 ¥1620

ぼくはおばあさんの家で暮らすことになった。その家はすごく古い。天井が高くて、上の方は暗がりになっている。天井を見上げるのはこわいけれど、気になって仕方がない。ある日上を見上げると、そこには怒った顔の男の人が…。夏にぴったりの極上の恐怖をお楽しみください。

岐阜には不思議がいっぱい?

エッセイ/大人向け

岐阜人の不思議

大藪千穂 著、

岐阜新聞社 ¥1080

京都育ちで現在は岐阜大学の教授である著者が見た、客観的な岐阜の、それもちょっと不思議な岐阜の姿が書かれたエッセイ。喫茶店好きとか、外食が多いとか、ドラッグストアがやたらあるということから、B紙、ガバリなどの独特な岐阜弁まで様々な不思議が書かれています。私も岐阜に引っ越した当初はいろいろとまどいました。今はすっかり岐阜人ですが…。

少年と老人の不思議なひと夏

読み物/小学高学年から

夏の庭

湯村香樹実 作

徳間書店 ¥1512

死んだ人を見てみたい。小学6年生の男子三人はそんな思いを強く抱き、近所の一人暮らしのおじいさんの家を監視することに。何日も監視しているうちに、なぜだかおじいさんと親しくなっていき、三人の世界が少しづつ広がりいろいろなことが変わり始めて行ったのですが…。好奇心から生まれた不思議な一夏の少年と老人の心の交流を暖かく、そして、深く描き出した一冊です。

悩み多き人にオススメ

読み物/小学高学年から

夏の庭

湯村香樹実 作

徳間書店 ¥1512

死んだ人を見てみたい。小学6年生の男子三人はそんな思いを強く抱き、近所の一人暮らしのおじいさんの家を監視することに。何日も監視しているうちに、なぜだかおじいさんと親しくなっていき、三人の世界が少しづつ広がりいろいろなことが変わり始めて行ったのですが…。好奇心から生まれた不思議な一夏の少年と老人の心の交流を暖かく、そして、深く描き出した一冊です。


今、あなたにこの一冊 2019年6月


歌って楽しい雨の絵本

絵本/2〜3歳から

あめぽったん

ひろかわさえこ 作、絵

アリス館 ¥864

梅雨が近づいていますね。雨が降るとついつい憂鬱な気分になりがちですが、雨が大好きな生き物もいるんですよ。この絵本に出てくる、カエルやカタツムリは雨が降ると大喜び。♪あめあめぽったん、あめぽったん♪なんて、調子よく歌ってみると雨も楽しくなるかも。三四郎店長のCDにも収録されています。

お仕事の時は何て呼ばれるの?

絵本/3〜4歳から

おとうさん・パパ・おとうちゃん

みやにしたつや 作、絵

すずき出版 ¥1296

みなさんの家では、お父さんのことを何と呼んでいますか? おとうさん、とうちゃん、パパ、おやじ、…。おうちでの呼び方もいろいろだけど、お仕事に行くとまたいろいろ。先生だったり、監督や運転手さん、いろいろですよね。あなたのお父さんはどんな風に呼ばれてるのかな? 父の日に聞いてみませんか?

ぼくは一体何なんだろう?

絵本/4〜5歳から

ぼく、おたまじゃくし?

田島征三 作、絵

佼成出版社 ¥1404

ぼくはおたまじゃくし。野原にある小さな池に大勢の兄弟と一緒に住んでいるんだ。これからぼくはかえるになるんだ。やがて兄弟たちには、足が生えて来た。手も出て来た。でも、ぼくはそのまんま。どうしてかな? 手足の代わりにひげが生えて来た。ぼくっていったいなんなんだろう…。さあ、みなさんはわかりますか?

違ってるのが当たり前

絵本/小学低学年から

いろいろいろんなかぞくのほん

M. ホフマン 文

R. アスクィス 絵

すぎもとえみ 訳

少年写真新聞社 ¥2052

家族の形は実に様々。両親が揃っている家族、父親だけ、母親だけ、おじいちゃんおばあちゃんと一緒。住むところだって様々。休日の楽しみ方もいろいろ。そんないろいろな形の家族像が楽しいイラストで描き出されています。今話題のLGBTの問題にもふれています。多様性をわかりやすく教えてくれる絵本です。

掃除機の働き方改革?

読み物/小学低学年から

そうじきのつゆやすみ

村上しいこ 作

長谷川義史 絵

PHP研究所 ¥1188

さて、今日は梅雨の晴れ間。久々に窓を開けて掃除でもしよっか!と張り切ったお母さん。でも、あれ?掃除機のスイッチが入らない。紙パックが詰まってるのかと、開けてみるとな、な、なんとパックには釣り道具が。掃除機をよくよく見ると目、口、そして手足まで。掃除機は釣りに行きたい、なんて言い出したのですが一体これはどういうこと?

目指せ、おしゃれキャンプ!

レシピ本/大人向け

1バーナークッキング

山戸ユカ 著

大泉書店 ¥1296

もうすぐ夏!キャンプに行きたいなって考えている方も多いのではないでしょうか? キャンプの料理と言えば、カレーやバーベキューが定番ですが、今年はもう少しおしゃれなものに挑戦してみませんか? この本にはそんなおしゃれなアウトドア料理がたくさん載っています。眺めているとキャンプしたくなること請け合いです!


今、あなたにこの一冊 2019年5月


パンになにはさもうかな?

絵本/3〜4歳から

サンドイッチサンドイッチ

小西英子 作、絵

福音館書店 ¥972

 

サンドイッチ美味しいですよね。いろんな具が挟まっていて見ているとワクワク。そんなサンドイッチを作る過程をとても美味しそうなイラストで描いたのがこの絵本です。言葉もリズミカルなので子どもたちと一緒に楽しめそう!

カエルにはカエルのやり方が!

絵本/4〜5歳から

カエルのおでかけ

高畠那生 作、絵

フレーベル館 ¥1296

 

天気予報を見てカエルは大喜び。明日は最高の天気になりそうだ。翌日カーテンを開けると土砂降り。でも、カエルは嬉しそうです。そう、カエルにとったら雨こそ最高のお天気なのです。早速おでかけの支度。飲み物持って、本持って、途中でハンバーガー買って、公園へGO!ぐちょぐちょのびっちゃびちゃのカエルのおでかけ。あなたもやってみる?

おかあさん大好き!

絵本/5〜6歳から

ぼく、おかあさんのこと…

酒井駒子 作、絵

文溪堂 ¥1620

 

うさぎの男の子はお母さんに言います。「ぼく、お母さんのことキライ!」。日曜日の朝はいつまでも寝ているし、ドラマばかり観てマンガ観せてくれないし、すぐ怒るし、それから、それから…。このあと男の子がお母さんをキライなほんとうの理由が出てくるのですが。なんとも微笑ましく、キュンとしてしまう絵本です。

いいわけばかりしていると…

絵本/小学低学年から

いいわけサウルス

おおなり修司 文

丸山誠司 

絵本館 ¥1404

 

男の子が教室に入ってきました。「また遅刻ですよ」って先生に怒られた男の子は、「うちの犬が靴を隠したんです」なんて言い訳してます。あれ、この男の子帽子も忘れたみたい、それに筆箱もたて笛もはさみも、お弁当まで忘れたようですよ。その度先生に言い訳してますが、言い訳すればするほど男の子の様子がだんだん変わって…。さてどうなっちゃうのかな?

ミミズクがくれた勇気

読み物/小学高学年から

右手にミミズク

蓼内明子 作

nakaban 

フレーベル館 ¥1512

6年生のたけるはいまだに右と左の区別がつかずにいました。ある日、転校生の女の子に、そんなの手に印をつければいいじゃんと言われ、右手にミミズクを描かれてしまいます。はじめはとまどったたけるでしたが、ミミズクを描かれてからなぜか力が湧いてくる気がするのでした。家族、友だち、複雑に絡む人間関係の中必死に生きる姿を描いた読み応えのある一冊です。

まずは相手を知ることが大事

図鑑/小学低学年から

キモカワ イモムシ超百科

やぎまきこ、いのうえけいこ 著

ポプラ社 ¥961

桜も散り、ぼちぼち毛虫やイモムシがお出ましになる季節がやってきますね。ビジュアルが苦手っていう方も多いこととは思いますが、嫌がるだけでなく、ちょっと相手のこと知ってみませんか?知ってみると意外と可愛いヤツ!なんて思えてくるかもしれませんよ。


今、あなたにこの一冊 2019年4月


どんなおべんとうがすき?

絵本/3〜4歳から

おべんとうしろくま

柴田ケイコ 作、絵

PHP研究所 ¥1404

 

食いしん坊すぎて、いろんな食べ物に入ってしまうしろくまくんシリーズ第三弾。今度はお弁当の中に入ってしまいましたよ。おにぎり弁当、サンドイッチ、のり弁、そぼろ弁当、いろいろなお弁当がありますよね。春は行楽の季節。お花見もありますよね。あなたはどのお弁当に入ってみたい? あっ違った、どのお弁当が食べてみたい?

外来生物にだって言い分がある

ノンフィクション/小学中学年から

侵略!外来いきもの図鑑

ウラケン・ボルボックス 絵、文

五箇公一 監修

PARCO出版 ¥1296

外来種というと大抵は在来種の存在を脅かす悪者的な扱いを受けていますよね。でも、外来種の動植物たちは好き好んで悪役になっているわけではないのです。食料としてとか薬としてとか様々な理由で日本に連れてこられ、たまたま繁殖してしまったのです。この本ではそんな外来種の弁明が書かれています。怖がったり、迷惑がったっりするだけでなく、本人の言い分も聞かなくちゃね!

あなたの周りにもきっとある

読み物/小学高学年から

ササフラス・スプリングスの七不思議

B. G. バーニィ 作、M. フェラン 絵

清水奈緒子 訳

評論社 ¥1620

アメリカの田舎町に暮らすエベンは狭い自分の街にうんざり。世界の七不思議に憧れていて、広い世界に出て行きたいと思っている彼は、父親から街の七不思議を見つけたら都会に行ける切符を買ってあげると言われ、調べ始めました。すると…。目の前のものは意外と見落としてしまうものなのですよね。

人は見かけじゃないのです

読み物/小学高学年から

大好き!クサイさん

D. ウォリアムズ 作、Q. ブレイク 絵

久山太市 訳

評論社 ¥1296

内気な女の子クロエは公園のベンチにいつも座っているホームレスの男の人がとても気になっていました。ある日クロエは思い切って話しかけてみました。その人は薄汚れた身なりだけれど、紳士のような話ぶりなのでした。二人は少しづつ親しくなっていくのですが…。人は見かけではない、大切なのは心なのだ、と教えてくれる物語です。

道草は楽しいのです

図鑑/大人向き

道草の名前

稲垣栄洋 監修、加古川利彦 絵

マイルスタッフ ¥2052

春が来ました。花がいろいろなところで咲き始めました。多くの人が桜に心奪われるでしょうが、足元にもご注目を! 小さくて華麗なる花々がたくさんありますよ。この本ではそんな雑草と呼ばれる花々を紹介しています。名前の由来や食べ方、遊び方などがわかりやすく書かれています。お散歩のお供にいかがですか?

戦場カメラマンという仕事

ノンフィクション/小学高学年から

久保田弘信 著

汐文社 ¥1620

大学を出て物理の先生を志していた著者ですが、写真スタジオのアルバイトをきっかけにカメラマンに。そして旅行ガイドブックの取材で知り合ったパキスタン人の誘いで足を踏み入れたアフガン難民の地。そこから彼の思いは難民の人たちが懸命に生きる姿をありのまま伝えることにシフトしていきます。戦争の悲惨さをその目で見てきた戦場カメラマンの言葉にはじつに重みがあります。


今、あなたにこの一冊 2019年3月


さあ、おどりましょう!

絵本/2〜3歳から

おどります

高畠 純 作、絵

絵本館 ¥1296

なんだか怖い顔をしたブタがいます。でも、ページをめくると、なんとそのブタが「メケメケフラフラ~」とじつに楽しそうに踊り出します。その後のページでも、ウマやイヌ、大きなゾウまでメケメケフラフラ~。さあ、次はあなたの番ですよ!

(杉山三四郎 絵本をうたう2 「あなたがいるから」に収録)

 

動物たちがレモンを食べたら…

絵本/3〜4歳から

オー・スッパ

越野民雄 文、高畠 純 絵

講談社 ¥1728

あなたはレモンをかじったことありますか? この絵本に登場する動物たちはレモンをガブっとやってしまったのです。黄色いのは熟れた証拠と思ったり、草ばかり食べてるからたまには違うものを食べたいと思ったからとか。でもその結果、オースッパ!だったのです。読んでいるとこちらまでスッパ顔になってしまいそう!

(杉山三四郎 絵本をうたう4 「たいせつなこと」に収録)

 

おとのさまも一年生に〜?

絵本/4〜5歳から

とのさま1ねんせい

長野ヒデ子、本田カヨ子 作、 絵

あすなろ書房 ¥1404

お殿様は勉強が大嫌い。家来たちがそろばんや習字をやらせようと思っても「いやじゃ」の一言。お殿様はもうすぐ一年生にならなきゃいけないのに、それも「いやじゃ!」と逃げ出してしまいました。困った家来たちはいろいろ知恵を絞りましたよ。さて、それはね…。ゆかいなお殿様のお話です。

 

 

パンが歌舞伎とはこれいかに?

絵本/4〜5歳から

かぶきやパン

かねまつすみれ 作

長野ヒデ子 絵

童心社 ¥1404

クロワッサンが歌舞伎の格好をしているなんともインパクトのある表紙。店主が大の歌舞伎好きで、かぶきやパンというパン屋さんを開店させたという設定。オープン前の店内でパンたちが、歌舞伎の口上で自己紹介をしています。歌舞伎とパンという不思議な組み合わせがなんともユニークですよね。思い切りカッコつけて読むと楽しそうです。

 

ほったらかしにされた野菜たちは

絵本/3〜4歳から

ぞろりぞろりとやさいがね

ひろかわさえこ 作、絵

偕成社 ¥1512

野菜たちは怒っています。冷蔵庫にしまわれたまましなびたきゅうり、ぶよぶよになったトマト、芽が出てしまったジャガイモ。放ったらかしにされ、こんな姿になり、もう野菜としての価値はなくなってしまった!もう我慢できない。そこで、野菜たちは結集して復讐を企てますが…。野菜は早めに使いましょうね。

 

リズミカルなことばあそび

絵本/2〜3歳から

くりくり

ひろかわさえこ作, 絵

アリス館 ¥864

日本語には「くり」が付くことばがいろいろありますよね。びっくり、しゃっくり、ゆっくり、ぱっくり、じっくりなどなど。そんなことばを集めてお話にしてしまったのがこの絵本です。リズミカルなことばとユーモラスなイラストで、思わずいっしょにからだを動かしたくなっちゃいます。小さいお子さんの読み聞かせにもぴったりの絵本です。

(杉山三四郎 絵本をうたう1 「BIG, BIG TREE」に収録)

 


今、あなたにこの一冊 2019年2月


日本の伝統 お雛様

写真絵本/4〜5歳から

ひなにんぎょうができるまで

人形の東玉 監修

ひさかたチャイルド ¥1404

3月3日は桃の節句。女の子のいるお家はお雛様を飾りますよね。ところで、お雛様はどんな風にできていくのでしょうね。この絵本ではその工程を写真とともにとても丁寧に紹介してくれています。大勢の人の細かな作業によって生み出される雛人形。日本の伝統、大切にしたいですね。

 

寒い季節にはやっぱりおでん

絵本/3〜4歳から

にぎやかなおでん

犬飼由美恵 文

出口かずみ 絵

教育画劇 ¥1188

寒い日にはおでん!おでんの具の中では何が好きですか?私は大根と卵かな?さて、おでんの鍋の中で何やら話し声がしますよ。どうもおでんの具たちが自慢話をしているようです。こんにゃくは畑の中の話をしているし、はんぺんは海の中の話をしています。加熱する自慢合戦。決着はつくのかな?

 

こんなランドセル欲しい?

絵本/4〜5歳から

かぶとむしランドセル

ふくべあきひろ 作

おおのこうへい 絵

PHP研究所 ¥1296

もうすぐ一年生になるみっちゃんの元へおじいちゃんからランドセルのプレゼントが届いたのですが、普通のとは違って、生きたランドセルだったのです。みっちゃんのことを守ろうといろいろ世話をやくんだけど、かえって仇に。みっちゃんはカンカン!ランドセルを捨ててしまうのですが…。新一年生へオススメの絵本です。

 

いつか ここではない どこかへ

絵本/大人向き

ぼくのたび

みやこしあきこ 作、絵

ブロンズ新社 ¥1620

ぼくは小さなホテルのオーナー。ここには様々な国からお客様がやってくる。その国の話をお客様から聞くのはとても楽しい。ぼくは自分の町の話をする。ぼくはこの町以外のところに行ったことがない。だけど、いつかどこかに行けたらいいなぁ…。暗めのトーンで静かに描かれた絵本。上質の映画を観た後のように心に沁みてきます。

ほんわかな日常のお話

読み物/小学低学年から

すみれちゃんは一年生

石井睦美 作

黒井 健 絵

偕成社 ¥1080

すみれちゃんはもうすぐ一年生。すみれ色のランドセルと自分専用の机を買ってもらい、気分はすっかり小学生。でも、心配事もたくさん。小さな妹のかりんちゃんがランドセルや机に触らないかしら…。おしゃまな女の子の日常をユーモラスにそして暖かく描き出した物語です。

自分の殻を破ってみない?

読み物/小学高学年から

天地ダイアリー

ささきあり

フレーベル館 ¥1512

広葉は中学一年生の男の子。引っ越してきたばかりで、今までとはまったく違う場所で新生活を始めることととなりました。人と接するのが苦手で、いつもマスクをしてスクールカーストの最下層でひっそり過ごすと決め込んでいたのですが、栽培委員会に入ってから少しずつ風向きが変わってきて…。引っ込み思案な中学生の成長を爽やかに描きます。


今、あなたにこの一冊 2019年1月


新一年生へのプレゼントに!

絵本/4〜5歳から

いちねんせい

谷川俊太郎 詩

和田 誠 絵

小学館 ¥1080

新しい年を迎え、春になったら小学校へ入学するのを楽しみにしているお子さんも多いことでしょう。そんな子どもたちへすてきな詩集の贈り物はいかがでしょう? 谷川俊太郎さんがすべてひらがなで書いたとてもわかりやすい詩が23篇収録されています。

 

オニだって辛いのだ

絵本/5〜6歳から

オニのサラリーマン

富安陽子 文、大島妙子 絵

福音館書店 ¥1512

主人公はオニ。その名をオニガワラケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンなのです。満員バスに揺られ、上司に怒られ、同僚と愚痴を言い合い、あれ?なんだか人間のサラリーマンみたい。オニの世界も似たようなものなのかもしれませんね。読み聞かせにもぜひ。

 

歌舞伎への第一歩

絵本/4〜5歳から

あらしのよるに

きむらゆういち 原作、文 

あべ弘士 絵

講談社 ¥1944

やぎとおおかみの種を超えた熱い友情を描いた絵本のシリーズが歌舞伎になり、京都や東京で大好評を博しました。そして、今度はその歌舞伎のお話が絵本になって登場。躍動感溢れる絵が歌舞伎の舞台を彷彿させます。限定で作者のサイン入りですよ!

 

十二支の謎が明かされる!

絵本/4〜5歳から

十二支のおはなし

内田麟太郎 文

山本 孝 絵

岩崎書店 ¥1296

今年はイノシシ年。干支の順番はみなさん言えますか? 子丑寅禹…。なぜこのような順番になったかの由来を書いた絵本は数々ありますが、この絵本は絵のインパクトがものすごいです。動物、神様、門番など登場人物のキャラが濃くて、とても楽しく読めますよ。 

 

十二支の謎が明かされる!

絵本/4〜5歳から

おなじ月をみて

J. リャオ 作、絵

天野健太郎 訳

ブロンズ新社 ¥1512

一人の男の子が窓の外を眺めています。男の子の家の庭には、次々傷ついた動物がやってきます。その度手当をする男の子。そしてある日、男の子が待ち焦がれた人がとうとう帰ってきたのです。傷ついた足をして…。声高に叫ぶことのない静かな反戦の絵本です。

 

十二支の謎が明かされる!

絵本/5〜6歳から

そらはあおくて

C. ゾロトウ 文

杉浦さやか 絵 

なかがわちひろ 訳

あすなろ書房 ¥1404

古いアルバムに自分の母親の小さい頃の写真を見つけた女の子。着ている洋服、遊んでいるおもちゃなど今と随分違うって言う女の子に母親は言います。少しも変わっていないわよ、空は青くて草は緑…。変わらないものの大切さをそっと教えてくれる絵本です。ぜひ親子で読んで欲しい一冊です。

 


今、あなたにこの一冊 2018年12月


みんな知ってるあの歌が絵本に

絵本/4〜5歳から

ジングルベル

C. N. デイリー 作 

J. P. ミラー 絵

こみやゆう 訳

PHP研究所 ¥1404

誰もが一度は口ずさんだことのあるジングルベルの歌が絵本になりました。(と言っても、原書が出たのはもう50年以上も前のことですが…)楽しい雰囲気の歌詞そのままで明るい色調と少しクラシックな絵を眺めているだけでウキウキしてくる絵本です。サンタクロースも登場するのでクリスマスムードもばっちりの絵本。

 

悪い子にはプレゼントなし?

絵本/4〜5歳から

クリスマスだよ、デイビッド!

D. シャノン 作 

小川仁央 訳

評論社 ¥1512

『だめよ、デイビッド!』でお馴染みのいたずら坊主のデイビッド。クリスマスでもお構いなしでやりたい放題。でもね、悪い子はクリスマスに石炭しかもらえないんですよ。さあ、どうするデイビッド?クリスマスの朝、プレゼントはどうだったかな?

 

今年は手作りクリスマス!

ドングリ工作の本/4〜5歳から

どんぐりクリスマス

おおたきれいこ 作 

かもがわ出版 ¥1728

クリスマスが近づくと、リースやオーナメントが店で売られているのを見かけます。でも、たまには手作りはいかがですか?どんぐりやまつぼっくりを使って可愛いリースなどを作るアイデアがたくさん紹介されているこの本を参考に、今年はオリジナルなクリスマスを!

 

リスの子もクリスマスは楽しみ

絵本/4〜5歳から

ゆきのクリスマス

藤岡ちさ 作、絵 

佼成出版社 ¥1404

リスの家では、クリスマスの準備の真っ最中。ツリーを出して、飾り付けをして。ツリーにはふわふわのワタをつけます。「本物の雪みただろ」ってお父さんが言いました。でも、子どもたちは雪を見たことがありません。雪ってどんなだろう…。ちょっとレトロな雰囲気のイラストが魅力の絵本。

 

たまには静けさを味わおう

絵本/5〜6歳から

しずかなクリスマスのほん

D. アンダーウッド 文

R. リウスカ 絵

江國香織 訳

光村教育図書 ¥1296

クリスマスってイルミネーションが輝き、クリスマスソングが流れてと、にぎやかなイメージですよね。でも、クリスマスのシーンとした瞬間を描き出したこの絵本を読んでみると、クリスマスって実は厳かなものだったと気付かされます。今年は静かに過ごしてみませんか?

 

本物のツリーはいかが?

絵本/4〜5歳から

クリスマスツリーをかざろう

P. トート 文

ジャーヴィス 絵

なかがわちひろ 訳

BL出版 ¥1728

さあ、クリスマス。みんなでツリーを飾りましょう。今年は本物の木を使ってみてはいかが?まず木を買いに行きましょう。たくさんある中からお気に入りを見つけて家に持って帰って、部屋に立てて、どんな風に飾りをつけようかな?憧れの生木のツリー!トライしてみたい!

 

 


今、あなたにこの一冊 2018年11月


サンタと一緒に体操しよう

絵本/0〜1歳から

いち、にい、サンタ!

ひらぎみつえ 作

ほるぷ出版 ¥918

『お?かお!』などのしかけ絵本で大人気の作家の新刊です。陽気なサンタさんといっしょに楽しく体操しましょう。簡単なしかけで、サンタさんが動くようにできているので、小さなお子さんでも簡単に動かすことができます。厚紙でできているので壊れる心配もナシ。プレゼントに最適です。

 

スキャーリーのクリスマス絵本

絵本/3~4歳から

ぼくたちのプレゼントはどこ?

R. スキャーリー 作

木坂 涼 訳

好学社 ¥1512

クリスマスの朝、ねずみたちはプレゼントがいっぱいの家の中をウロウロ。キャンディー、絵本、お人形、ミニカー、ドールハウスもあります。でも、どれもねずみへのプレゼントではなさそうです。無事プレゼントは見つかるかな?鮮やかな色彩で楽しいクリスマスの雰囲気がよく表されています。

 

どんぐりってこんなに種類が!

図鑑/小学中学年から

ドングリさんぽ手帖

宮國晋一 写真、文

世界文化社 ¥1296

秋の林に行くとたくさん落ちているドングリ。ドングリを見つけるとつい拾いたなってしまうのは私だけではないはず。拾って眺めてみると、形も大きさも様々だな~としみじみ思ったりしませんか?ところで、ドングリの木というものはないのですよ。えっ?と思ったそこのあなた、ぜひこの本をどうぞ。それぞれの実、葉、などの特徴が詳しく紹介されています。目指せドングリ博士!

 

クリスマス、町はウキウキ気分

絵本/4~5歳から

クリスマスのおかいもの

L. ピーコック 文

H. スティーヴンズ 絵

こみや ゆう 訳

ほるぷ出版 ¥1620

もうすぐクリスマス。ノアはママと町へお買い物に出かけました。町はクリスマスの飾り付けでキラキラ。人もたくさん出ていて、にぎやかです。プレゼントをたくさん買わなきゃいけないから時間もかかってクタクタ。お買い物ってたいへん!クリスマスのワクワク感が伝わってくる絵本です。

 

チェコのクリスマスって?

読み物/小学低学年から

クリスマスのあかり

L. ロジノフスカー 作

出久根 育 絵

木村有子 訳

福音館書店 ¥1728

お話の舞台は東欧にあるチェコという国。古い教会やお城がたくさん残る美しい国だそうです。チェコのクリスマスではプレゼントを配るのはサンタクロースではなく幼子イエス様なのだとか。その他にもお話のなかにチェコならではのクリスマスの習慣がでてきます。お話を楽しみながら違う国の文化に触れるのも楽しいですね。 

晩ご飯はお任せ!

レシピ集/大人向け

これでよゆうの晩ごはん

澤田康彦 監修

暮らしの手帖社 ¥1280

仕事に追われ、子育てに追われ、頑張っている皆さんへ朗報です。朝ちょっとした時間に下ごしらえしておけば、帰宅後にパパッと夕飯の支度ができてしまうレシピ集が出ました。種類も豊富で和洋中様々な料理が紹介されています。大人気ヨシタケシンスケさんのイラストも楽しいです。プレゼントにもいいかも。


今、あなたにこの一冊 2018年10月


お菓子の国のハロウィン

絵本/3〜4歳から

プリンちゃんのハロウィン

なかがわちひろ 文、たかおゆうこ絵

理論社 ¥1296

プリンちゃんはお菓子の国に住んでます。お菓子の国にもハロウィンはあるのです。プリンちゃんも仮装してお友だちとお菓子をもらいに出発。最初に着いたおうちで、「あら可愛いおばけの四人組ね」と言われたプリンちゃん。あれ?三人で出発したはずなのに一人増えてる? どうなってるの? 愛くるしいお菓子のお話です。

 

いたずらしたくなる時ない?

絵本/5〜6歳から

あくたれラルフのハロウィン

J. ガントス 作、N. ルーベル 絵 

こみやゆう 訳

PHP研究所 ¥1404

ラルフはセイラが飼っている猫。いたずら好きでセイラを困らせてばかりですが、セイラはラルフが大好き。ある日、セイラはハロウィンパーティに招待されました。パーティには仮装していかなくてはなりません。そこで、セイラはラルフに、ラルフはセイラに仮装してパーティに出かけたのですが、そこでラルフが大暴れ!

 

歌『ワンダフル ワールド』が絵本に

絵本/4〜5歳から

すばらしいみんな

T. ホプグッド 絵、A. ビナード 訳

B. シール & J. D. ワイス 作詞/作曲 

岩崎書店 ¥1728

ルイアームストロングの渋いダミ声で有名な誰もが一度は耳にしたことがあるであろうこの曲。この世界の素晴らしさをわかりやすい言葉で歌い上げています。ビナードさんは、日本語でも歌えるように訳してくださいました。自然、命、様々な素晴らしきものに思いを馳せ、歌ってみませんか?

 

秋はおいもほりでキマリ!

絵本/4〜5歳から

いもほり

はまのゆか 作、絵

ほるぷ出版 ¥1404

気持ちの良い秋晴れの日、おじいちゃんのさつま芋畑にやってきた孫二人。張り切って芋ほりに挑みますが、さてそんなに簡単にお芋は掘れるのかな? 力をあわせてぐいぐい引っ張ると、出て来たのは…。延々と広がる畑の様子や、畑で生きる虫たちの様子などとても丁寧に描き出されています。焚き火で焼くお芋は格別だろうな〜。

 

うどんが自分で出前に行くの?

絵本/4〜5歳から

うどんのうーやん

岡田よしたか 作、 絵 

ブロンズ新社 ¥1058

うどんのうーやんのいるうどん屋さんは大忙し。だから出前も自分で行きます。つまり、うどんの丼が道を走るのです。途中お腹空かせたねこや、くたびれた梅干しのおばあさん、泣いている豆腐などに出会いつつ、うーやんはお客さんの元へとひた走ります。なんともシュールなお話。あなたはついてこれるかな?

 

あなたはどっち?

写真エッセイ/大人向け

くらべる日本

おかべたかし 文、山出高士 写真 

東京書籍 ¥1404

同じものでもその地域によって呼び方が違ったりすることってありますよね。例えば表紙の写真のもの、どちらをスコップと呼びますか? 私は小さいのがスコップって思ってましたが、みなさんはいかがですか。その他にも、醤油やみたらし団子などいろいろ載ってます。この本見ながらみんなでワイワイやるのも面白そうですよね。

 


今、あなたにこの一冊 2018年9月


お月様もおだんご好き?

絵本/3〜4歳から

だんごたべたい おつきさま

すとうあさえ 文、中谷靖彦 絵 

ほるぷ出版 ¥1026

今夜はお月見です。縁側にはススキとお団子が供えてあります。その様子を空から見ていたお月様、どうしてもお団子が食べたくなってしまいました。すると、お月様のそばにいた雲が地上に降りて、お団子を取ってくると言い出したのですが…。うまくお団子ゲットできるのかしら?

 

彼岸花ってすごい!

絵本/小学低学年から

ひがんばな

甲斐信枝 作、絵

福音館書店 ¥972

お彼岸近くになると、土手や田んぼのあぜ道にいっせいに彼岸花が咲くというのは誰しもが見たことのある光景だと思います。昨日まで何もなかったのにある日いっせいに咲く彼岸花は何だかとても不思議な植物に思えて仕方ありません。この絵本ではそんな彼岸花の一年間の様子を描いています。葉っぱや球根の役割には驚かされますよ。

 

ご先祖さまは誰なのかな?

絵本/4〜5歳から

おじいちゃんのおじいちゃんの

おじいちゃんのおじいちゃん

長谷川義史 作、絵

BL出版 ¥1512

僕は今5歳。僕のお父さんは38歳。おじいちゃんは何歳か知らないけれど、白いひげのおじいちゃん。じゃあ、おじいちゃんのおじいちゃんはどんな人なのかな…。どんどん時を遡り、ひいひいひいひい…おじいちゃんは? 今自分が生きている後ろにはたくさんの人たちがいたことが実感できる絵本です。

 

 

やっぱり日本人はご飯です

絵本/4〜5歳から

ごはん

平野恵理子 作、絵

福音館書店 ¥1512

表紙には美味しそうな山盛りのご飯。そしてページをめくると、たきこみごはん、外国ご飯、おむすびなどのカテゴリー別においしそうなご飯ものがずら~り。特に文章はないのですが、絵を見ているだけでお腹がすいて来ます。やっぱり日本人はご飯が大好きなんですよね。家族で絵本を囲んでどれが好き?なんてワイワイやるのも楽しそうですね。

 

命はつながっているのです

絵本/4〜5歳から

たったひとつのドングリが

L. M. & A. シェーファー 文

F. P=ガノン 絵、せなあいこ 訳

評論社 ¥1512

ひとつのドングリから芽が出て木に育って、そこに鳥が来て巣を作り、そこから種がこぼれ、花が咲き、実がなって、リスが来て、そのリスをねらってヘビが来て…。森の中の命はドングリから始まってぐるぐると回ってお互い支え合っているということを簡潔な文章と美しい絵で伝えている絵本です。

 

優雅にティータイム

エッセイ/大人向け

物語のティータイム

北野佐久子 著

岩波書店 ¥1944

秋の夜長に美味しいお菓子と紅茶でゆったり過ごすのもいいですよね。そんな時に、物語に出てくるお菓子だったりするとすてき感がアップしそう。この本では、イギリスの児童文学に出てくるお菓子がたくさん紹介されています。レシピもあるので手作りに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

 


今、あなたにこの一冊 2018年8月


夏の夜空を彩る花火

絵本/3〜4歳から

はなびのひ

たしろちさと 作

佼成出版社 ¥1404

夏の楽しみのひとつに花火がありますよね。この絵本の主人公ぽんきちくんのお父さんは花火師です。今日は花火大会なので大忙し。夜食に作ったおにぎりを忘れてしまったので、ぽんきちが届けることに。ぽんきちが歩いているのを見た町の人たちがなぜか後を付いて来てしまい…。見開きページの花火のシーンは迫力満点です。 

 

スイカが食べたくなる!

絵本/3〜4歳から

ひとくちぱくり

木曽秀夫 作、絵

文溪堂 ¥1620

ほがらか村の動物たちが大きなスイカを見つけました。スイカはひとつしかないけど、みんなで食べたいな〜。そこで、ワニがギザギザ尻尾を使って切り分けました。動物たちはみんな違った食べ方をしていますよ。絵本をめくって、さあ見てみましょう。

 

原爆が作られるまでのお話

絵本/小学低学年から

この計画はひみつです

ジョナ・ウィンター 文

ジャネット・ウィンター 絵 

さくまゆみこ訳

すずき出版 ¥1620

 アメリカのニューメキシコ州の広大な砂漠にある日、秘密の建物が作られ、世界中から優秀な科学者が集められました。その中ではある研究が行われていたのですが、内容については極秘でした。何年もかけやっとできあがったある物を持って科学者たちは平原に持って行きました。

 

熱帯夜にヒヤリ!

絵本/4〜5歳から

本所ななふしぎ

斉藤 洋 文、山本 孝 絵

偕成社 ¥1080

さて、夏といえば怪談話が聞きたくなりませんか? 暑い夏の夜にヒヤッと涼しくなる絵本がないかな、なんてお探しのあなたにおすすめなのがこの絵本。お江戸は本所に伝わるそれはそれはこわ~いお話が七話入っております。迫力満点の絵も怖さに拍車をかけてます。この夏に一冊いかがですか?

 

大スペクタクルの長編です

読み物/小学高学年から

ドエクル探検隊

草山万兎 作、松本大洋 画

福音館書店 ¥3780

物語は昭和10年の日本から始まります。小学校を卒業した竜二とさゆりは、進学せず、それぞれ奉公に出ることになっていました。間もなく故郷を離れる二人は、知り合いの風おじさんの家に招かれます。その家では、おじさんと個性豊かな動物たちが暮らしていました。そこへふしぎな手紙が届き、二人は皆と共にと冒険へ出かけることになるのですが…。大長編の冒険物語です。

 

手に汗握る展開にドキドキ

読み物/中学生から

列車はこの闇をぬけて

D. ラインハルト 作、天沼春樹 訳

徳間書店 ¥2268

アメリカに働きに行ったきりの母親にどうしても会いたい14歳のミゲル。グアテマラに住むミゲルはメキシコからアメリカに不法入国をすることに。国境を目指し、過酷な旅が始まります。同じような境遇の四人と仲間となり、旅は続いていきます。彼らは無事アメリカにたどりつけるのでしょうか? 作者が入念な取材を重ね描き出した渾身の物語です。

 


今、あなたにこの一冊 2018年7月


プカプカ ユラユラ〜

絵本/3〜4歳から

すいかのたび

高畠 純 作、絵

絵本館 ¥1296

大海原をすいかがユラユラ漂っていました。ラッコやタコ、アザラシがやって来て、すいかを枕にひと休みしたり、ペンギンがやって来て、飛び込みの練習をしたり。それでもすいかはユラユラ。さて、次にやって来たのは、なんと大きなクジラ! すいかはどうなっちゃうのかな? なんとものんびりの高畠ワールド全開の絵本です。

 

夏だ。キャンプにいこう!

絵本/3〜4歳から

ピヨピヨ はじめてのキャンプ

工藤ノリコ 作、絵

佼成出版社 ¥1404

ピヨピヨたちはお父さん、お母さんとキャンプに出かけました。初めてのキャンプに大はしゃぎ。張り切って薪拾いに出かけます。途中できのこを見つけたピヨピヨたち、きのこを探しながらどんどん山奥へ入ってしまい、とうとう迷子に。どうなるピヨピヨたち!

 

七夕の願いごとはひとつだけ

絵本/4〜5歳から

おこだでませんように

くすのきしげのり作、石井聖岳 絵

小学館 ¥1620

僕はいつも怒られてばっかり。家でも学校でも、何かというと僕が怒られる。でも、言い訳すると先生もお母ちゃんもまた怒るから、僕は言い訳はしない。でも、怒られてばかりはいやだな。だから、僕は七夕の短冊に心を込めて書いた。「おこだでませんように」。少し切なくなる絵本です。

 

夏だ。虫とりにいこう!

絵本/4〜5歳から

むしとりにいこうよ!

はたこうしろう 作、絵

ほるぷ出版 ¥1404

お兄ちゃんがこっそり虫とりに行こうとしたのですが、弟に見つかってしまい、「連れてって!」「だめ!」の押し問答。仕方なくいっしょに行くことに。山の公園に行く道すがらだって、虫はいっぱいいいるんだよ。お兄ちゃんは弟に教えながら歩きます。そしていよいよ山の公園で大物ねらいへ! みごとゲットとなるのかな?

夏のシンボル入道雲の絵本

絵本/4〜5歳から

にゅうどうぐも

野坂勇作 作、根本順吉 監修

福音館書店 ¥972

夏の象徴ともいえる入道雲。そんな入道雲がどのようにできていくかを一日を通して描いた絵本です。人物は黒くシルエットで描き、空の様子は、色をつけ、リアルに描き出しています。雲の変化もとても解りやすく描かれています。最後のページに詳細な解説があり、幅広い年齢層に楽しんでもらえそうです。これぞ夏の一日です。

 

愛に包まれた感動物語です

読み物/小学高学年から

ワンダー

R. J. パラシオ 作、中井はるの 訳

ほるぷ出版 ¥1620

オーガストは生まれつきの病気で、顔が他の人とはかなり違う様子をしていました。今まで学校に行かず家で母親から勉強を教わっていたのですが、いつまでもそうするわけにも行かず、学校へ行くことになったのです。今まで暖かい家族の愛に包まれていた彼にとって、学校はなかなか手強い場所でしたが、持ち前の明るさで、困難を乗り越えて行きます。愛と優しさに溢れた物語です。公開中の映画も素晴らしいです。


今、あなたにこの一冊 2018年6月


掃除機だって休みたい

読み物/小学低学年から

そうじきのつゆやすみ

村上しいこ 文、長谷川義史 絵

PHP研究所 ¥1188

久々に晴れた日曜日、お母ちゃんが掃除をしようとしたんだけど、掃除機が動かない。どうしたのかと掃除機の中を点検するとなんと紙パックに釣り道具が詰まっていたのです。そして、掃除機に手足が生え、目と口が! そして、なんと釣りに行きたいと言い出して…。えっ、掃除機が釣り?

 

 

エキゾチックなイラストが魅力

絵本/4〜5歳から

かさどろぼう

S. ウエッタシンハ 作、絵

いのくまようこ 訳

徳間書店 ¥1512

まだ傘がないスリランカの小さな村から、町へ出かけたキリ・ママおじさんは町で傘を見つけ買って帰りました。帰り道、ちょっと寄り道したすきに傘がなくなってしまいました。おじさんはまた町で傘を買うのですが、そのたび傘はなくなって…。一体どういうこと?

 

 

お仕事頑張るパパに

絵本/4〜5歳から

パパのしごとはわるものです

板橋雅弘 作、吉田尚令 絵

岩崎書店 ¥1404

ぼくのパパってどんな仕事してるのかな? なんとかしてパパの仕事をさぐってみようと考えて男の子はこっそり車にもぐりこみます。着いたところは体育館。そこで行われていたのはプロレスの試合。そして、パパはなんと悪者レスラーだったのです。ショックを受けた男の子でしたが…。大好きなパパを思う切ない子どもの心を描いた絵本です。

 

40年以上愛されています

絵本/3〜4歳から

からすのパンやさん

かこさとし 作、絵

偕成社 ¥1080

「だるまちゃんシリーズ」「かわ」など数々の絵本を描かれたかこさとしさんが5月2日にこの世を去りました。数ある絵本の中でも、この絵本はやはり一番人気ではないでしょうか。からすのパンやさんが作ったパンが描かれている見開きページに魅せられた方は多いのでは? これからも長く愛される絵本だと思います。

 

 

たまにはお外ご飯いかが

レシピ本/大人向け

つながる外ごはん

noyama 編

小学館 ¥1620

夏がやってきます。外ご飯が美味しい季節です。山や海もいいけれど、たまにはもっと身近なところで、たとえば家の庭とか近所の公園で外ご飯やってみませんか? そんな時お役に立つのがこの本。気負わず、けれど丁寧にたくさんのレシピを紹介しています。読んでいるだけでも楽しい一冊です。

 

昆虫の見分け方教えます

図鑑/小学低学年から

くらべてわかる昆虫

永幡嘉之 文、写真、奥山清市 写真

山と渓谷社 ¥1944

虫を捕まえてみたけれど、図鑑を見ても似たようなのがいろいろあって区別がつかない。そんな時はこの図鑑が便利です。白いチョウ、黄色いチョウ、アリの仲間などざっくり分けてあり、それぞれ特徴をわかりやすく写真で紹介しています。虫初心者の方にもおすすめです。

 

 


今、あなたにこの一冊 2018年5月


大事なのは、ぎゅってだっこ

絵本/4〜5歳から

ねえ、だっこして

竹下文子 文

田中清代 絵

金の星社 ¥1404

私このごろつまらない。赤ちゃんがいるから。お母さんのお膝はいつも赤ちゃんが独占。私だって抱っこしてほしいのに。家に突然赤ちゃんがやって来たネコの切ない気持ちを描いた絵本。二人目のお子さんがいる方はきっと胸がキュッとなるはずです。母の日にいかが?

 

 

カエルくん、好き?嫌い?

写真絵本/5〜6歳から

かえるくん どっちがどっち?

松橋利光 著

アリス館 ¥1512

カエルと聞くと反射的に苦手と思ってしまう方も多いかと思います。私もかつてはそうでした。でも、相手のことをいろいろ知っていくと、苦手意識が少しづつ薄れ、可愛いところに目がいくようになり、今ではすっかりカエル好きに。この本ではよく似た種類のカエルを細かく比べながら紹介してくれています。一度じっくりながめてみてはいかがですか?

 

読むとごはんが食べたくなる

絵本/4〜5歳から

ごはんのにおい

中川ひろたか 文

岡本よしろう 絵

おむすび舎 ¥1512

朝起きるとご飯の炊けるいいにおいがしてきた。ぼくはごはんが大好き。やっぱり朝ごはんはお味噌汁に納豆、そしてご飯だよね〜。ごちそうさまと席を立とうとすると、お母さんがまだ残ってるって言うんだ。お茶碗に少しご飯粒がついているくらいいいじゃんって思ったら、お米は八十八の作業を経てできるんだから大事にしなきゃって…。日本人の心お米についての絵本です。

 

5月3日は何の日?

絵本/小学低学年から

「けんぽう」のおはなし

井上ひさし 原案

武田美穗 絵

講談社 ¥1404

5月3日は憲法記念日って知ってましたか? 日本国憲法は私たち国民の宝です。戦後から今まで平和でいられたのもこの憲法があったからなのです。その日本国憲法に書かれている平和への誓いを子どもたちにも伝えていかねば、という井上ひさしさんの思いが絵本になっています。ぜひ親子でいっしょに読んでほしいです。

 

散歩のお供にいかが

図鑑/大人向け

野鳥の名前

山崎 宏 監修

加古川利彦 絵

インプレス ¥2052

野鳥の名前どれくらい知っていますか? スズメ、ハト、カラスにツバメくらいかな、なんていう方も多いのでは? でも、耳をすますと街中でも意外にいろいろな鳥の声聞こえて来ますよね。この本では主に身近な鳥を細かなイラストと写真で紹介しています。GWはお子さんといっしょに鳥探しなんてどう?

 

6月に映画公開です。

読み物/小学高学年から

ワンダー

R. J. パラシオ 作

中井はるの 訳

ほるぷ出版 ¥1620

オーガストはごく普通の男の子。ただし、顔が普通の人とは少し、いや、かなり違っていました。そのことによって辛い目にもあったりしますが、愛に溢れる家族、友人たちに囲まれ、彼はポジティブに生きていきます。障害、いじめなど少し辛くなるテーマを扱った本ですが、重たくならず、けれど心に深く入り込む一冊です。

 


今、あなたにこの一冊 2018年4月


春によく見かけますが…

絵本/5〜6歳から

たんぽぽ

荒井真紀 文、絵

金の星社 ¥1296

春になると目にするたんぽぽ。花が咲いたあと綿毛になるくらいのことは知っていても、それ以上のことはあまり知らないですよね。この絵本は実に繊細な筆致で、たんぽぽの根の様子、花が開くときの様子、綿毛になるまでなどが描かれています。読むと、野原でじっくり観察してみたくなりますよ。

 

 

ともだちづくりは難しい?

絵本/5〜6歳から

と・も・だ・ち

R. ルイス 作

まつかわまゆみ 訳

評論社 ¥1404

新しい家に引っ越して来たアンディは友だちをたくさん作りたいと思っていました。自分は泳ぐのが好きだから、友だちも泳ぐのが好きな子がい

いなと思っていましたが、出会う子たちはなんだか自分とは合わなさそうな子ばかり。アンディはこのまま友だちできないのかな?

 

 

楽しくひとり暮らし!

フォトエッセイ/大人向け

ていねいな ひとり暮らし

shoko 著

すばる舎リンゲージ ¥1404

 

四月から晴れて、大学生、社会人になりひとり暮らしって言う人も多いかと思います。どんな風に暮らそうかなってわくわくしているそこのあなたにおすすめなのがこの一冊です。シンプルに丁寧に生きる術がつまっています。ひとり暮らしの人だけでなく家族で暮らす人にもとても役にたつ本だと思いますよ。ぜひご一読を。

 

ともだちって売れるのかな

絵本/4〜5歳から

ともだちや

内田麟太郎 作

降矢なな 絵

偕成社 ¥1080

 ひとりぼっちのキツネは、ともだち屋を始めることを思いつきました。のぼりをたてて、「ともだちはいりませんか〜」と歩き回りました。おや? 「ともだち屋さん」と早速声がかかりましたよ。キツネの商売はうまくいくのかな? 13作続くシリーズとなった麟太郎さんの代表作。

 

ヤーヤーって?

読み物/小学低学年から

ふしぎな森のヤーヤー

内田麟太郎 作

高畠 純 絵

金の星社 ¥1188

ヤーヤーはふしぎの森に暮らすモイモイ一家の男の子です。ふしぎの森にはその名の通り、ふしぎな仲間たちがいっぱい暮らしています。例えば、飛ばない鳥のコリゴリさんとか、何を聞いても、「しらねえ」としか言わないシラネエさんとか。さあ、ヤーヤーと一緒にふしぎの森をお散歩してみませんか?

 

 

こいのぼりになってみたい!

絵本/4〜5歳から

ワニぼうのこいのぼり

内田麟太郎 文

高畠 純 絵

文溪堂 ¥1404

ワニぼうのお父さんがこいのぼりを買って来ました。五月の空に気持ちよさそうに泳いでるこいのぼりを見ているうちに、お父さんは自分もこいのぼりみたいになってみたいなと思い、ワニのぼりをすることに! すると、それを見たワニぼうも…。ワニのぼりがなんとも気持ち良さそう。五月の空に浮かんでみたいな〜。

 

 


今、あなたにこの一冊 2018年3月


自転車の乗り方知ってますか?

絵本/5〜6歳から

じてんしゃにのろう

斉藤 洋 作

田中六大 絵

講談社 ¥1512

春のうららかな日差しの中自転車に乗るのは気持ちがいいですね。でも、みなさんは正しく自転車に乗っていますか? ちょっと怪しいなって思う人はぜひこの絵本を読んで楽しく正しい乗り方をマスターしましょう。まちがいさがし、クイズ、迷路なども楽しめる一冊です。

 

 

おばけだって花見が大好き

絵本/5〜6歳から

おばけの花見

内田麟太郎 作

山本 孝 絵

岩崎書店 ¥1296

さてさて、桜は満開、そしていいお天気。今日はおばけ長屋の花見の日。おばけたちはうきうき。飲めや歌えの上機嫌で花見は大盛り上がり。しかし、一天にわかにかき曇り、雷に大雨、いったいどうしたことでしょう。それはね…。作者の内田麟太郎さんは、5月5日に当店にいらっしゃいます。

 

 

ほんとうに大切なものはなに?

絵本/5〜6歳から

クマと森のピアノ

D. リッチフィールド 作

俵 万智 訳

ポプラ社 ¥1512

ある日子グマのブラウンは触ると音の出る不思議なものに出会います。それから毎日のようにそれに触っているうちにだんだんとメロディが生まれ、それを聞いた人間に誘われ森を出て都会へと旅立ちます。都会でピアノを弾く熊として有名になったブラウンでしたが…。本当に大切なものは何かを優しく問いかける絵本です。

 

 

こんな小学生いるの?

読み物/小学低学年から

おとのさま、小学校にいく

中川ひろたか 作

田中六大 絵

佼成出版 ¥1296

お殿様がお城から外を眺めていると子どもたちが背中に何かを背負って歩いているのが見えました。好奇心旺盛なお殿様はそれが何か気になって仕方ありません。それはランドセルというもので、子どもたちは小学校に通っているということがわかり、自分も小学校に通うと言い出したのですが…。さて本当に通えるのかな?

 

 

春を告げるつくしの謎!

絵本/5〜6歳から

つくし

甲斐信枝 作

福音館書店 ¥972

春になると土手や野原で目にするつくし。見つけると摘みたくなりますよね。卵とじやつくしごはんはほんのり苦くて春の味。そんなつくしの地面の下の姿知ってましたか? 根がいろんな方向にうねうねと続いているんですって。他にもつくしの秘密がいろいろ出てきます。細かく描かれた絵もすてきです。

 

 

日本食ってすごい

写真集/大人向け

和ごはん101

山田玲子 著

ポット出版 ¥1620

日本食は今、健康的な食事として世界でも注目の的となっています。そんな日本食がこの本では様々な角度で紹介されています。気取った料理だけでなく、ごく普通に私たちが食べている納豆や卵かけご飯なんかも。眺めているとお腹空いてきます。英語も併記されているので外国の方へのプレゼントにも最適。

 

 

 


今、あなたにこの一冊 2018年2月


春から一年生になる人へ

絵本/5〜6歳から

とのさま1ねんせい

長野ヒデ子、本田カヨ子 作、絵

あすなろ書房 ¥1404

殿様は遊ぶのが大好き。殿様はもうすぐ一年生。でも、勉強なんてしたくない、学校なんていやだ~。でも、学校へ行くと友だちもできるし、おいしい給食も食べられると聞き、殿様は…。お騒がせ殿様の愉快な絵本。新一年生へのプレゼントにぴったり。

 

 

たまには手作りのちらしずしを

絵本/5〜6歳から

おひなまつりのちらしずし

平野恵理子 作、絵

福音館書店 ¥1404

もうすぐひな祭り。僕のひな祭りのお楽しみはちらし寿司。毎年お母さんが作ってくれるけど、今年はお姉ちゃんも手伝うんだって。大丈夫かな…。ご飯を炊いて、具材を煮て、薄焼き卵を焼いて、ちゃんと一から手作りのちらし寿司はとても美味しそう。今年はがんばって手作りしてみませんか?

 

実力もないのに権力をもつ怖さ

絵本/小学低学年から

ひつじの王さま

O. タレック 作

あさのあつこ 訳

くもん出版 ¥1620

風に乗って飛んで来た王冠が、なぜかひつじのルイの頭に。途端にルイは王様モード。玉座を作らせ、自分勝手な法律を作り、軍隊を作りと、どんどんエスカレートしていくルイでしたが…。権力を持ってしまうことの怖さ、愚かさを描いた寓話的絵本です。どこかの大統領に読ませたい!

 

さあ、誘惑に勝てるかな?

絵本/3~4歳から

ぜったいにおしちゃダメ?

B. コッター 作

サンクチュアリ出版 ¥1058

やっちゃダメと言われれるとやりたくなることってありませんか?この絵本はそんな人間の心理をじつにうまく生かした絵本です。絵本の表紙に書いてある赤いボタン。絶対押しちゃいけない。押したらとんでもないことになる。もし押したら…。絵本の聞き手も参加できる楽しい絵本。読み聞かせにぴったりですよ。

 

お手紙書いてみませんか?

絵本/小学低学年から

ぼくはアフリカにすむ キリンといいます

岩佐めぐみ 作

高畠 純 絵

偕成社 ¥1080

アフリカに住むキリンは退屈だったので手紙を書くことにしました。配達屋のペリカンに「地平線の向こうで最初に出会った動物に渡して」と託します。さて、手紙は誰の元に届くのでしょうか。たまには手紙もいいものです。

 

 

人生に迷った時、ぜひお試しを

占いの絵本/大人向け

青い鳥の本

石井ゆかり 文

梶野沙羅 絵

パイインターナショナル ¥1512

人は生きていく上で、なんとなく不安になったり迷ったりするのはよくあることです。そんな時、ふと占いに頼ってみたいな、なんて思ってしまいます。この本は、ビブリオマンシーと言われ、本をぱっと開いて、そこに書いてある文章を読む、という占い方法の本です。ちょっと迷った時にめくると案外ヒントが見つかるかも?美しいイラストにも癒されます。


今、あなたにこの一冊 2018年1月


60年も読み継がれた犬です

絵本/3〜4歳から

どろんこハリー

G. ジオン 文

M. B. グレアム 絵

福音館書店 ¥1296

ハリーは黒いブチのある白い犬。ハリーはお風呂が大嫌い。お風呂で使うブラシを庭に埋めてから外へ脱走。いろんなところで散々遊んで真っ黒になったハリーが家に帰っても家族は誰もハリーをわかってくれません。そこでハリーは…。60年前にアメリカで出版された絵本です。

 

たまにはハチャメチャ話も!

絵本/5〜6歳から

こぶたのブルトン ふゆはスキー

中川ひろたか 作

市居みか 絵

アリス館 ¥1404

いたちのアンドレとスキーに出かけたこぶたのブルトン。だるまのたかさきさん、皇帝ペンギンなど不思議な人たち(?)に出会い、なんともドタバタの道中に。そして、スキー場についたブルトンはなんと、初心者なのにジャンプをするはめに。どうなるブルトン! 怒涛の展開をお楽しみください。

 

犬になってみたいあなたへ!

読み物/小学低学年から

りっぱな犬になる方法+1

きたやまようこ 作、絵

理論社 ¥1620

犬になってみたいな〜なんて思ったことありませんか? たまに散歩して、エサもらえて、あとは昼寝。のんびりしてていいなぁ。そんな方は、晴れて犬になる日に備えて、ぜひこの本をお読みください。犬の心得がバッチリわかります。「イスとイヌの見分け方」も同時掲載です。こちらもおもしろいです。

パンダでほっこりしたい

写真集/どなたでも

あかパン

土居利光 監修

パイインターナショナル ¥1296

上野動物園に赤ちゃんパンダが生まれ、パンダブームの今日この頃。私は初代パンダ世代。パンダ大好きです。大人のパンダも可愛いけど、やはり赤ちゃんの可愛さはなんとも言えません。この写真集にはそんな可愛い赤ちゃんパンダの写真が満載。眺めているだけで幸せになれます。

 

冬休みの読書にいかが?

読み物/小学低学年から

ストーブのふゆやすみ

村上しいこ 作

長谷川義史 絵

PHP研究所 ¥1188

さあ、待ちに待ったスキー旅行!火の用心して出かけるぞ、とこたつを見ると、なぜかストーブがこたつの中に。いつのまにかストーブに目や口がついていて、短い手足まで生えていた!そして、自分が留守番してるから安心してスキーに行ってきて、なんて言うんだ。ストーブに留守番なんてできるのかな?

 

新米パパへの贈り物に

イラストエッセイ/大人向け

ヨチヨチ父

ヨシタケシンスケ 作

赤ちゃんとママ社 ¥972

今や大人気の絵本作家ヨシタケシンスケさん。プライベートでは二児の父です。そんなヨシタケさんが自分の子育てをふりかえって新米パパママに向けて書いたイラストエッセイです。子育て中の人も、終わった人もこれからの人も、みんなが楽しめる一冊です。


今、あなたにこの一冊 2017年12月


ポップアップで楽しむクリスマス

しかけ絵本/大人向け

クリスマス・アルファベット

R. サブダ 作

大日本絵画 ¥3240

A ANGEL, B BELL, C CANDLE…とクリスマスにまつわるものが、アルファベット順に白い紙のポップアップで飛び出してきます。しかけ絵本の第一人者ロバート・サブダの見事なアートでクリスマスを盛り上げてください。大人の方へのプレゼントにも最適です。

 

優しさにふれたいあなたへ

絵本/4〜5歳から

こうさぎと4ほんのマフラー

わたりむつこ 作

でくねいく 絵

のら書店 ¥1728

森に住むうさぎの兄弟はおばあちゃんから手編みのマフラーをもらいました。雪が積もったある日、森の奥の古いブナの木に会いに行った4匹はすっかり凍えたブナ爺を見てあることを思いつきます。思いやりの心にあふれた絵本です。

 

古いけれど新鮮な魅力が…

絵本/4〜5歳から

そりぬすみ大さくせん

M. フォアマン 作

せたていじ 訳

評論社 ¥1404

クリスマスが近づいたある夜、世界の選り抜きの泥棒が集まり、サンタクロースを盗む作戦を立てていました。クリスマスの夜、泥棒たちは計画を決行。首尾よくサンタクロースを盗むことに成功したのですが…。1968年に出た絵本です。

 

親子合作による珠玉の一冊

絵本/5〜6歳から

「いる」じゃん

くどうなおこ 作

松本大洋 絵

スイッチ・パブリッシング ¥1728

ちょっとひとりぼっちな気分でさびしくなったら、思い切って外に出てみようよ。風、雲、おひさま、テントウムシにダンゴムシ。ほら、みんな君に「ウッス!」ってあいさつしてくるよ。ほら、ひとりじゃないよ。そんな風に語りかけてくれる絵本です。じわっと心に染みて来ます。

 

 

聖書を美しい挿絵で

読み物/小学高学年から

聖書物語

H. ヤーニッシュ 文

L. ツヴェルガー 絵

小森香折 訳

BL出版 ¥3240

聖書は世界中のほとんどの人が知っている本ですが、読んだことない、という人が多いと思います。12月はクリスマスシーズン。キリスト教が少し身近に感じられるこの時期に読んでみませんか? 美しいイラストを見ながら旧約聖書と新約聖書を楽しんでいただけます。

 

ごはん大好きな人必読!

写真絵本/5〜6歳から

ごはんはおいしい

ぱく きょんみ 文

鈴木理策 写真

福音館書店 ¥1728

ごはん好きですか? 私は大好きです。炊きたての白いごはんはなんとも魅力的。この絵本では、優しいことばと美しく迫力のある写真でごはんの魅力を余すことなく伝えています。水田での稲作の様子も一年を通して紹介されており、どうやって私たちの手元へごはんが届くかもよくわかります。