今、あなたにこの一冊 2020年5月


暇を持て余しているあなたに

お絵かき絵本/5〜6歳から

ノージーの ひまつぶしブック

tupera tupera 作

金の星社 ¥1200

学校が休みで、ひたすら時間をもてあましてるなんていう人多いのでは? そんなあなたにオススメします。とことん線を描くとか、ぐるぐるを描くとか。好きな色をとことん塗るとか、迷路、工作と、ひまつぶしアイテムがてんこ盛りですよ。どのページから始めてもいいし、いやになったら途中でやめたっていい。自分のペースで遊んでみよう!

 

タヌキだって勉強したい

読み物/小学低学年から

タヌキのきょうしつ

山下明生 作、長谷川義史 絵

あかね書房 ¥1100

 

明治6年、広島県初の小学校が広島市に開校しました。お寺を借りた小さな学校でしたが、子どもたちが喜んで通っていました。その様子を校庭の隅で見ていたタヌキのお父さんは、こっそり人間の子に化けて小学校にもぐりこみます。そして夜になると自分が覚えたことを子どもに教えるようになりました。時は流れ、戦争が始まり、人間の学校もタヌキの学校も巻き込まれて…。

 

こんな奇抜な虫がいるとは!

図鑑/虫好き向き

 ツノゼミ ありえない虫

丸山宗則 著

ネイチャープロ編集室 構成

幻冬舎 ¥1300

みなさん、ツノゼミってご存知ですか? セミとつくけどセミではなく、体長数ミリ程度の小さな昆虫なんです。なのに、その姿形がとにかく奇抜。これに取り憑かれた著者が中南米、アジア、アフリカなどの熱帯地方で採集した138種のツノゼミの標本を集めたのがこの図鑑。種名がまた奇抜で笑っちゃいますよ。 

 

100年生きるって…

絵本/大人向け

 100年の旅

H. フォーラ 文、V. ヴィダリ イラスト

前田まゆみ 訳

かんき出版 ¥1600

人生100年時代なんていう言葉が最近よく聞かれます。人生は旅という人もいます。人は誰でも一度しかその旅を歩むことはできず、誰も自分の旅の先はわからないのですよね。この本は1ページが1年となっています。自分がたどって来た道を振り返るのも良いし、これから歩む道を眺めてみるのも良い。自分がこの年に何をしていたか、これからどうなりたいか、この本をきっかけに自分を見つめ直してみるのも良いかも知れません。

 

料理っておもしろい

図鑑/小学中学年から

 料理図鑑

生きる底力をつけよう

おちとよこ 文、平野恵理子 絵

福音館書店 ¥1600

外出規制で外食しなくなった人が多いのでは。時間のある今だからこそ自分で料理してみませんか? この本では料理用語、道具、食材などなど、本当に基本から教えてくれています。主婦歴?年の私でもへ〜と思うこともあったりします。是非この本片手に料理の世界へ足を踏み入れてみてはいかがですか?

 

驚きの連続です!

写真集/中学生から

 めったに見られない瞬間!

ナショナルジオグラフィック 編著

二見書房 ¥2950

この本に掲載された写真は凄腕カメラマンたちによる決定的瞬間ばかりです。奇妙な生き物、自然の織りなす不思議な風景、古代の秘宝、そして人間が作り出す風景、驚かされる光景が次々現れます。このご時世、旅行もままなりませんが、絶対いつかこの目で世界の不思議を見に行こう!と思わせてくれます。写真からパワーをもらえそうですよ!

 


今、あなたにこの一冊 2020年4月


地面の下にはヒミツの街が

絵本/3〜4歳から

もぐらバス 

佐藤雅彦+うちのますみ 作、絵

偕成社 ¥1000

もぐらバスは地面の下を通っています。お客さんはカエルやねずみたち。ある日、いつも通りにもぐらバスが走っていると、キキーっと急ブレーキが! いったい何ごと?とざわめくお客さんたち。なんと地面の下からタケノコが顔を出していたのです。さっそくもぐら建設の穴掘り係が呼ばれてタケノコ掘りが始まりました。春ですね。

 

剣道っておもしろそう

読み物/小学高学年から

まっしょうめん!

あさだりん 作、新井陽次郎 絵

偕成社 ¥900

メキシコに単身赴任中の父が、同僚にうっかり「僕の娘はサムライガールなんだ」と言ってしまい、道着を来て竹刀をかまえている写真がほしいと頼まれてしまった成美。仕方なく剣道場に通うことになったのですが、今まで運動したこともなく、根性もあまりない成美は苦労の連続の日々を送ることに…。しかし、剣道一筋の監督、仲間に囲まれ次第に変わっていくのでした。爽やかな剣道小説。シリーズもあります。

 

こんな図鑑見たことない!

図鑑/大人向け

美しき小さな雑草の花図鑑

大作晃一 写真、多田多恵子 文 

山と渓谷社 ¥1600

春です。足元を見ると可憐な花たちがたくさん咲いています。この図鑑では、そんな花々を大きくアップで捉えて紹介しています。ただ普通に見ていただけではわからない花びらの模様や、雄しべ、雌しべの様子がとてもよくわかりますよ。新型コロナウィルスの影響でなにかと窮屈な日々ですが、天気の良い日にはルーペを持って、野山に出かけてみませんか?新たな発見がきっとある!

 

長新太の真骨頂!

漫画/大人向け

これが好きなのよ 長新太マンガ集

長 新太 著、土井章史 編集

亜紀書房 ¥2800

独特のナンセンスワールドを展開し、没後も圧倒的な存在感を示し続ける絵本作家の長新太さん。『キャベツくん』や『ごろごろにゃーん』などの絵本が有名ですが、長さんはマンガもたくさん描かれているのです。『ガロ』『話の特集』『ビックリハウス』などの有名な雑誌に掲載されたものや、短いエッセイなどなど、長さんの魅力をあますことなく紹介しています。長新太ファン必携の一冊ですよ。

 

自分らしく生きたい!

読み物/中学生から

10代のための生きるヒント

笹田夕美子 著

シャスタインターナショナル ¥1350

春はいろいろ環境が変わる時です。新しい人と会ったりするのは嬉しい反面、どきどきもありますよね。自分らしくと思ってもなかなか難しかしい面もありますよね。そもそも「自分らしさ」っていったい何でしょう。そんな悩みを持っているあなたにぴったりの本がこれです。わかりやすい言葉で生きるヒントが書かれています。プレゼントにも!

 

兄弟の絆の物語

読み物/中学生から

朔(さく)と新(あき)

いとうみく 作

講談社 ¥1500

朔と新は兄弟です。兄の朔はバス事故が原因で視力を失ってしまいました。兄をバス事故に合わせてしまったのは自分だ、と思い込んだ弟の新は、有望視されていた長距離ランナーの道を自ら閉ざしてしまいます。そんな新に朔は、ブラインドマラソンの伴走者になってほしいと持ちかけます。走るのを辞めた新は初めは渋るのですが…。バス事故によってぎくしゃくした兄弟の関係は戻るのでしょうか…。

 


今、あなたにこの一冊 2020年3月


幼稚園ってたいへん?

絵本/3〜4歳から

えらいこっちゃのようちえん 

かさいまり 文 ゆーちみえこ 絵

アリス館 ¥1300

ぼくは今日から幼稚園。朝バスが迎えに来た。ぼく一人で乗るんだ。えらいこっちゃ。幼稚園に着くとまたまたえらいこっちゃ。ぼくと同い年の子がたくさんいる! ぼく大丈夫かな…。初めて親元を離れて一人で幼稚園に行く子の心理をユーモラスに描いた絵本。ご入園のプレゼントにもおすすめ。

 

お国によって学校もいろいろ

絵本/4〜5歳から

ナージャの5つのがっこう

K. ナージャ 文、市原 淳 絵

大日本図書 ¥1400

ナージャは、子どものころ両親の転勤に伴い5か国でそれぞれの学校に通い、その体験を元に絵本を作りました。ロシア、イギリス、フランス、アメリカ、そして我らが日本。それぞれとても個性的で楽しそうに描かれているのに、残念なことに日本だけは不思議なことだらけと書かれています。ランドセル、お揃いの帽子、水着、給食などなど。確かにそうかも…。この絵本を読んでちょっと日本の学校のこと考えてみませんか?

 

日中韓で共同出版の平和の絵本

絵本/4〜5歳から

へいわってどんなこと? 

浜田桂子 作、絵 

童心社 ¥1500

平和ってどんなことだと思いますか? 戦争をしない、お腹が空いたら誰でもご飯が食べられる、嫌なことを嫌って言える。そう、そして人が人として認められ生きていくということ、そんなことこそが平和ということですよね。今の日本は本当に平和なんでしょうか? この絵本を読みながら皆さん考えてみてください。

 

ふるさとがなくなる…

絵本/4〜5歳から

みずうみにきえた村

J. ヨーレン 文 B. クーニー 絵、掛川恭子 訳

ほるぷ出版 ¥1500

私が子どもだったころ、故郷は自然に恵まれ、穏やかで美しく、幸せに満ちていた。あの日、ダムができるまでは…。都会へ水を送るためのダムが作られ、湖の底に沈んでしまった故郷の様子を丹念に描いた絵本です。自分の住んでいる場所が湖の底に沈むなんて想像もできません。でもこの絵本を読むと深く、そして、静かな悲しみが伝わってきます。

 

植物だってすごいんです

かがく読み物/大人向け

したたかな植物 春夏篇

多田多恵子 著

ちくま文庫 ¥920

道端に咲く可憐な野の花。可愛らしいな〜なんてのんびり眺めているそこのあなた!可憐なる植物たちは、実はとてもしたたかなのです。たとえばカタバミには、光センサーや撥水加工が装備されているし、スミレは種に甘い味の脂肪酸をつけてアリに運ばせているし…。様々な植物たちのハイスペックな生き様が紹介されていて、道端の草花を見る目も変わること請け合いです。

 

浮かれてばかりでいいのかな

読み物/大人向け

親子で読む! 東京オリンピック ただしアンチ!

自由すぽーつ研究所 編

ジャパンマシニスト社 ¥1800

もうすぐ東京オリンピック。皆さんの周りは盛り上がってますか? なんだかマスコミがやたら盛り上げようとしているだけに感じるのは私だけでしょうか。オリンピックを本当に東京でやっていいのか? なぜ暑い夏にやるのか? そもそもオリンピックって何? そんな疑問が頭の中をぐるぐるまわっている方にこの本をおすすめします。浮かれている場合か、今の日本!

 


今、あなたにこの一冊 2020年2月


こんなひな祭りに行ってみたい!

絵本/3〜4歳から

もりのひなまつり

こいでやすこ 作、絵

福音館書店 ¥900

ある日、ねずみばあさんの元へ「森のひなまつりをやりたいので、おひな様を連れて来てください」という手紙が届きました。ねずみばあさんは蔵の中の箱を開け、おひな様を連れて森へ向かうと、野ねずみ子ども会の子ねずみたちがお出迎え。森の動物たちも集まって森のひなまつりの始まりです。

 

子どもたちへのエール

絵本/4〜5歳から

おおきくなったら きみはなんになる?

藤本ともひこ 文

村上康成 絵

講談社 ¥1400

絵本作家であり保育アドバイザーでもある藤本ともひこさんが、毎年卒園式で子どもたちに語りかけて来た言葉が絵本になりました。自分のやりたいことをやってごらん、失敗したっていいんだよ、と優しく子どもたちへエールを送ってくれています。卒園する子たちへのプレゼントにぴったりの絵本です。

 

名前って大切です

絵本/4〜5歳から

なまえのないねこ

竹下文子 文

町田尚子 絵

小峰書店 ¥1500

僕はねこ。生まれてから一度も名前をつけてもらったことがない。僕が暮らす町のねこたちはみんな名前をもらっている。八百屋さんのねこは「ちび」、おそばやさんのねこは「つきみ」ってね。僕も自分の名前が欲しいな。そんな風に思っていたある日…。表紙のねこに胸キュン。猫好きにはたまらない絵本です!

 

美しい絵にうっとり…

絵本/大人向け

はじまりのはな

M. J. ローゼン 文

S. ダノウスキ 絵

蜂飼 耳 訳

くもん出版 ¥1500

渡り鳥のローザは自分の頬と同じ色をした「ほっぺのはな」が大好き。北の国から南の国へ渡るときもその花の種を手放さなかった。でもその種の重みでローザは川に墜落してしまう。犬のミールと飼い主のアンナに助けられたローザはアンナの家で穏やかな日を過ごす。やがて季節は巡り春に…。

 

漫画で歴史もいいんじゃない

漫画/小学中学年から大人まで

明智光秀

小和田哲男 監修

大谷じろう 漫画

三条和都 シナリオ

小学館 ¥950

大河ドラマ「麒麟がくる」がスタートしました。岐阜も舞台になるということで地元で関心が高まっています。主人公の明智光秀について少しでも知りたい、それも手っ取り早くなんて思っている方! 漫画という手があります。読みやすく、そしてわかりやすいので短時間で読めちゃいますよ。ドラマのお供にぜひ!

 

したたかに生きる生き物たち

科学読み物/中学生から

生き物の死にざま

稲垣栄洋 著

草思社 ¥1400

生き様という言葉はよく聞きますが、死に様という言葉はあまり目にしません。生き物が死んでいく様子を、生物学に基づき、実に文学的に描かれているというちょっと変わった本です。例えばセミが最後に見る風景はとか、蚊は命がけで血を吸うとか、ゾウは死を悼む動物であるとか…。これを読むとなんだか心がしんとしてきて生きとし生けるものがいとおしくなります。

 


今、あなたにこの一冊 2020年1月


新刊

お祝いの仕方も国それぞれ

絵本/5〜6歳から

せかいのくにでおめでとう
野村たかあき 作、絵
講談社 ¥1500
新年を迎える風習は国によってそれぞれです。白い服を着て海に行くとか、ぶどうを12粒食べるとか、ランタンを空に飛ばす、などなど。つくづく国によって様々なんだなと感じます。でも、新年を祝う気持ちはどの国も同じです。

 

新刊

妹がいたらきっと楽しい?

絵本/3〜4歳から

わたしのちいさないもうと

みうら とも 文、絵

岩波書店 ¥1200

女の子は考えます。わたしに妹がいたら、どんな感じかな?きっと私にそっくり。いっしょに積み木をしたり、おやつをわけっこしたり、楽しく遊べそう。もし私にもっとたくさん妹がいたら…。女の子の空想はどんどん膨らみます。洗練されたイラストの絵本。ヨーロッパ先行発売の絵本です。

新刊

お相撲好きにおすすめです

絵本/4〜5歳から

おれ、よびだしになる
中川ひろたか 文

石川えりこ 絵
アリス館 ¥1400
ぼくは小さい頃から大相撲の中継を観るのが大好き。ひいきの力士もいるけど、ぼくが好きなのは呼び出しさん。さっと扇子を広げて力士の名前を呼ぶのがかっこいい。中学を卒業して呼び出しの世界に飛び込んだ男の子を通して、呼び出しの仕事、暮らしを描いた絵本です。

 

 

ねずみだって空を飛びたい!

絵本/小学中学年

リンドバーグ
空飛ぶねずみの大冒険
T. クールマン 作、絵
金原瑞人 訳
ブロンズ新社 ¥2200
一匹の小ネズミが、自分の力で飛行機を作り、ドイツからアメリカまで飛んで行ったというスケールの大きなお話。緻密な絵は読み手を引きつけ、どんどんお話に引き込まれていきます。チャレンジの素晴らしさを教えてくれる絵本です。

クセになりそう…

絵本/5~6歳から大人まで

スモンスモン
S. ダノウスキ 文、絵

新本史斉 訳
岩波書店 ¥1800
表紙にはなんとも奇妙な登場人物が。一体これは? これがスモンスモンなのです。スモンスモンは地球ではない星、ゴンゴン星の住人です。食べ物であるロンロンを取りに出かけたのですが、アクシデントが! 言葉がリズミカルで登場人物がキモかわいい。いろいろな意味でちょっと癖になる絵本です。

少年はフクザツなのだ!

読み物/中学生から

ぼくはイエローで ホワイトでちょっとブルー
ブレイディみかこ 著
新潮社 ¥1350
アイルランド人の父と日本人の母の間に生まれ、ロンドン郊外に住む一人の少年。彼は日々、様々な問題にぶち当たり、様々なことを考えています。時には一人で、時には母や父、友だちと。少しづつ壁を乗り越え成長する姿が母の目を通して描かれています。率直に話し合う親子の様子にとても感銘を受けます。

 

 


今、あなたにこの一冊 2019年12月 お正月とクリスマス


人気シリーズのお正月版

絵本/3〜4歳から

おしょうがつバス

藤本ともひこ 作、絵

すずき出版 ¥1300

大晦日の夜、除夜の鐘とともに十二支に登場する動物たちがいっせいにスタート。だれが一番先に初日の出を見られるかの競争です。イノシシがものすごいスタートダッシュであっという間に見えなくなってしまいましたよ。他のみんなはどうかな? あれ、ネズミくんたちはちゃっかりバスに乗っていますよ。 

ロングセラーがしかけ絵本に!

絵本/3〜4歳から

クリスマスってなあに

D. ブルーナ 作、ふなざきやすこ 訳 

講談社 ¥1200

長年愛されて来たブルーナのクリスマス絵本がしかけ絵本となって新登場。型抜き絵本になっていて、イエス・キリストの生誕のお話がよりわかりやすく、親しみやすく読んでいただけるようになりました。この絵本を通してクリスマスの本来の意味を小さな子にもわかってもらえるといいなと思います。

かこさん唯一のクリスマス絵本

絵本/5〜6歳から

サン・サン・サンタ ひみつきち

かこさとし 作、絵

白泉社 ¥1300

1986年に出た絵本の復刊。サンタクロースがあんなにたくさんのおもちゃをどうやって用意するのか、全世界の子どもに配れるのか等の疑問に対してとても夢あふれる答えが描かれています。ぜひお子様といっしょに楽しんでください。

ヤンソンの短編集からのお話

絵本/5〜6歳から

ムーミン谷のクリスマス

T. ヤンソン 原作、A. ハリディ、C. ダヴィッドソン 文、F. ヴィードルンド 絵、オスターグレン晴子 訳 

徳間書店 ¥1800

ムーミン一家は冬は冬眠しているのでクリスマスを知りません。ところが今年の冬は突然の来訪者に起こされてしまい、「クリスマスが来るっていうのに寝てる場合じゃない!」と言われてしまいます。クリスマスを知らないムーミン一家は大騒ぎ。さて、クリスマスというものは何なのか。何を準備すればいいのかな。

奇跡のクマの物語

絵本/5〜6歳から

せかいいちしあわせな クマのぬいぐるみ

S. マクブラットニィ 文

S. アッシャー 絵、吉上恭太 訳 

徳間書店 ¥1600

今から50年ほど前に小さな女の子がクマのぬいぐるみを買いました。けれど、ある日女の子はぬいぐるみを電車の中に忘れてしまい、その後、リサイクルショップやチャリティーなどでいろいろな子どもの手に渡っていきました。そして、ある年のクリスマスに…。

大きくなりたい…

絵本/4〜5歳から

ルーちゃんとクリスマスツリー

下村明香 文、くわはらまい 絵 

福音館書店 ¥1400

しろくまの女の子ルーちゃんは、いつも早く大きくなりたいと思っていたので、サンタさんにもお願いをしました。そんなある日、一人でケーキ屋さんにクリスマスケーキを受け取りに行くことに…。ルーちゃんはちゃんとおつかいできるかな? 背伸びしたい子どもの気持ちを優しく描いた絵本です。


今、あなたにこの一冊 2019年11月 素敵なクリスマス絵本


人気シリーズのクリスマス版

絵本/3〜4歳から

はたらくくるまたちのクリスマス

S. D. リンカー 文

AG. フォード 絵

福本友美子 訳 

ひさかたチャイルド ¥1400

クリスマスは地球上のどんな人にもやってきます。じゃあ、働く車たちはどうなのかな? もうすぐクリスマスがやってくる働く車たちの仕事場をちょっとのぞいてみましょう。プレゼントはもらえるのかな?

 

にせものサンタは許せない?

絵本/5〜6歳から

クリスマスにはおひげがいっぱい

R. デュボアザン 作

今江祥智 & 遠藤育枝 訳

BL出版 ¥1300

クリスマスになると街中に現れるにせサンタに本物のサンタは辟易しておりました。「にせもののサンタをとっちめてやろう」。サンタは出会うにせサンタのヒゲを次々むしりとって行ったのです。家に帰ったサンタは奥さんに戦利品のヒゲを得意げに見せたのですが…。60年以上前に出たお洒落な絵本です。

 

心が暖かくなる美しい絵本

絵本/5〜6歳から

もりのおくのクリスマスツリー

Y. ゾマー 作

石津ちひろ 訳 

ほるぷ出版 ¥1800

森の奥に立つ一本の小さな木。クリスマスが近づき、周りの木は人々がクリスマスツリー用にと切って持って行ってしまい、小さな木はぽつんと残されてしまいます。寂しい思いをしていた木の周りに森の動物たちが集まってきて…。

 

おさるのジョージもクリスマス

絵本/5〜6歳から

メリークリスマス おさるのジョージ

M. & H. A. レイ 原作

福本友美子 訳 

岩波書店 ¥1800

好奇心旺盛なこざるのジョージは黄色い帽子のおじさんとクリスマスツリーを探しに行きました。大人しくしていなさいと言われたけれどそんなことをちゃんと聞くジョージではありません。いろいろな木に次々登っているうちに…。またまたジョージが大騒動起こしそうです。愉快なジョージの絵本です。

 

幻想的なクリスマスイブの話

絵本/小学中学年から

急行「北極号」

C. V. オールズバーグ 作

村上春樹 訳 

あすなろ書房 ¥1500

ぼくが子どもの頃、クリスマスイブにサンタを待っていた。夜更けに外から聞こえてきたのは、鈴の音ではなく、蒸気の音。外に出てみると、なんと家の前に蒸気機関車が止まっていたのだ。そして、ぼくの不思議な旅が始まった…。幻想的なクリスマスの一夜を描いた絵本です。

 

クリスマスを飾りましょう

オーナメントキット/小学生から

自分で作ろう クリスマス・オーナメント

F. ワット、L. ポーマン 文

V. ロビンソン他 絵

浅野美抄子 訳

大日本絵画 ¥1600

クリスマスがやってきます。今年はどんな飾り付けをしようかな。この本には美しい模様の紙が入っていて、切ったり折ったりして素敵なオーナメントができます。全部で40個以上できるそうですよ。今年は手作りにトライ!

 


今、あなたにこの一冊 2019年10月


おいも畑のひみつ!

写真絵本/3〜4歳から

おいもができた

馬場 隆  監修 

ひさかたチャイルド ¥1200

さつまいもの季節です。焼き芋、大学芋、天ぷら、いろんな料理を思い描いてしまいます。さて、そんなおいしいおいもがどんな風にできていくか知っていますか? この絵本は、おいもができていく様子をとても丁寧に解説してくれています。土の中でこんなことが起こっていたなんて、と驚くこと必至です。おいもほりに行く前に、おいもを食べる前にぜひご一読ください。

ハロウィンにはパンプキン

写真絵本/5〜6歳から

パンプキン

K. ロビンス 写真、文

千葉茂樹 訳 

BL出版 ¥1400

10月31日はハロウィン。ハロウィンと言えばカボチャを連想する人も多いのでは? この絵本には日本ではお目にかかれないような大きなカボチャが登場します。中には450キロもあるものまで! 色もオレンジ色で鮮やかです。畑にジャック・オ・ランタン用のカボチャを買いに来る人もいるようです。いつか本物のカボチャでランタン作ってみたいですね。

和食は奥が深いのです。

絵本/5〜6歳から

和食のえほん

江原絢子 監修、大島加奈子 イラスト

PHP研究所 ¥1600

和食というと皆さんはどんなものを思い浮かべますか? お寿司、天ぷら、いろいろありますね。でも、ご飯、味噌汁、煮物などの普段の食事も和食なんですよね。奥が深い和食の世界を食材、マナーなど様々な角度から紹介する絵本す。和食の魅力を再認識しましょう。

歳をとるのも悪くない?

読み物/大人向け

わたしは よろこんで 歳をとりたい

イェルク・ツインク 著、眞壁伍郎 訳

こぐま社 ¥1200

若い時は考えなかったけれど、最近は、歳を重ねることがいやだなと少し思ったりします。だからこの本の題名を見たとき、そんな人はいるのかな?と思いました。けれど、歳を取ることは自然の摂理なのだし、受け入れることも大切なのです。諦めではなく折り合いをつけることこそ大切なのだ、とドイツ人神学者の著者は教えてくれます。

苦手を克服しよう

読み物/大人向け

東大の先生!

文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!

西成 活裕 著、郷 和貴 聞き手

かんき出版 ¥1500

あなたは数学が得意でしたか? 私は大の苦手でした。でも、もう一度きちんと勉強してみたいなと思うこともあります。そんな時見つけたのがこの本。東京大学の教授が中学の数学を解説してくれるのです。それもとても簡単に早く。3年間の勉強が5〜6時間で終わってしまうのです。ごいっしょに苦手克服してみませんか?

考え続けることの大切さ

寓話/中学生から

茶色の朝

F. パヴロフ 物語、V. ギャロ 絵

高橋哲哉 メッセージ、藤本一勇 絵

大月書店 ¥1000

ある日突然、茶色の犬以外は飼ってはいけないという法律が決まり、それ以外の犬は殺処分される、そんなことになったらどうしますか? 政府の言うことに従っておけばいいんだと思いますか? でも実はそれは恐ろしい日々の始まりかもしれません。短いお話に多くのことが含まれています。今こそ、みんなで考えなくては! 知らなくては!


今、あなたにこの一冊 2019年9月


えっ?大仏様が走るの?

絵本/4〜5歳から

だいぶつさまのうんどうかい

苅田澄子 文、中川 学 絵

アリス館 ¥1400+税

今日は仏様たちの運動会です。阿弥陀如来様、観音様、千手観音様などが大集合。そして、初参加の大仏様、まずは準備運動です。でも、大仏様は何だか辛そう。それもそのはず、ずっと座りっぱなしだから、体が動かないんですよね。他にもいろいろ競技があるけど大丈夫かな?

さんまといえば目黒でしょ?

絵本/5〜6歳から

めぐろのさんま

川端 誠 作、絵

クレヨンハウス ¥1400+税

江戸時代、狩りの途中で通りかかった目黒で、焼きたてのさんまの塩焼きという物を初めて食べたお殿様。その味が忘れられずにいました。お殿様が普段食べる魚は鯛。それもお毒味役が食べてからなので焼きたてなんて食べられません。何とか食べたいと思っていた殿様でしたが…。落語をわかりやすく絵本に仕立てたシリーズの一冊です。

お月様はひとつじゃない?

絵本/小学低学年から

たくさんのお月さま

J. サーバー 文

L. スロボドキン 絵

徳間書店 ¥1600+税

ある国にレノアという名のお姫様がいました。ある時姫は具合が悪くなってしまい、元気になるにはお月様が欲しいと言い出したのでした。そこで王様は家来を呼び立て、お月様を取って来るように命じます。何人もの優秀な家来が知恵を絞りますが、さてお月様は手に入るのでしょうか? 70年以上前にアメリカで出版された絵本です。

頑固じいちゃんでいいのだ

読み物/小学高学年から

徳治郎とボク

花形みつる 作

理論社 ¥1400+税

徳治郎は僕のおじいちゃん。ものすごく頑固で、自分がこうと決めたことは誰が何と言おうと変えません。孫に愛想をふりまくなんてことは一切しないおじいちゃんだったけれど、なぜか僕には悪ガキだった頃の話をよくしてくれた。そんなおじいちゃんが病に倒れた…。頑固者の祖父と孫の交流を描いた心温まる物語です。

モフモフにメロメロ

写真絵本/中学生くらいから

世界のかわいい 動物の赤ちゃん

大渕希郷 監修 

ウエタケヨーコ イラスト

パイインターナショナル ¥1600+税

とにかく、掛け値なしにかわいい動物の赤ちゃんオンパレードの写真集です。サイ、チーター、ラクダにバクなどなど。強面のワニだって、やはり赤ちゃんの時はかわいいんです。この夏の猛暑でぐったりのあなた、この写真集で癒されましょう。

貝殻って美しい

図鑑絵本/4〜5歳から

子どもと一緒に覚えたい

貝殻の名前

東海大学海洋学部・海洋科学博物館 監修

加古川利彦 絵

インプレス ¥1900+税

海岸を歩いていると、貝殻を拾わずにいられないのは私だけではないはず。この本では、貝殻を精密なイラストと写真で紹介しています。珍しいものではなくごく一般的に拾うことができるものが載っているのも嬉しいです。もしお家に貝があれば、それも調べてみてください。きっと楽しいですよ。


今、あなたにこの一冊 2019年8月


タコが友だちっていかが?

写真絵本/3〜4歳から

タコやん

富安陽子 文、南 伸坊 絵

福音館書店 ¥1404

ある日しょうちゃんの家にタコが遊びに来ました。しょうちゃんはタコと遊ぶのはいやだなって思ったのですが、タコはテレビゲームもサッカーも上手なのです。なにしろ8本足がありますからね。友だちも巻き込んで楽しく遊んでタコは海に帰って行きました。この夏、あなたのお家にもタコがやって来るかも?

 

いつもと違う道を行くと…

絵本/3〜4歳から

こんたのおつかい

田中友佳子 作、絵

徳間書店 ¥1512

こんたはお母さんに頼まれてお豆腐屋さんへお使いに。家を出てしばらく行くと、花の道と森の道の分かれ道に。普段お母さんと出かける時は花の道を通るのですが、なんとなくいつもとは違う道を通りたくて、森の道へと進んだのですが…。さて、こんたは大丈夫かな? ちょっぴり怖いけれど、楽しい絵本です。 

山では不思議なことが起こる

絵本/小学低学年から

火 あやかし

飯野和好 作、絵

小峰書店 ¥1728

昔々のお話です。とある兄弟が京都の山深い峠道を歩いておりました。日はだんだんと暮れていき、お腹も少し空いてまいりました。ふと行く先を見ると、火が燃えているのが見えるではありませんか。兄弟が歩を進めると、誰かが焚き火をした跡が。火も残っているし一休みしようとした兄弟でしたが、その身に恐ろしいことが…

 

星に少し詳しくなれるかな?

絵本/4〜5歳から

はじめてのほしぞらえほん

村田弘子 文、てづかあけみ 絵

パイインターナショナル ¥1944

夏は海や山へ行って、満天の星を眺めたい、なんて思っている人多いのでは? どうせなら星について少しは知識を持っていた方が絶対いいですよね。そこでこの絵本。とてもわかりやすく星について書かれています。親子で読むのにぴったりの一冊です。

 

少年と老詩人の心の交流

読み物/中学生から

あたらしい図鑑

長薗安浩 作

ゴブリン書房 ¥1620

中学1年の僕は野球の試合で足を痛めてしまった。その治療で通った病院で、村田さんというおじいさんと知り合いになった。背が高くてちょっと風変わりなそのおじいさんとの関わりの中で僕は何かが少しづつ変わり始めたのだった…。13歳、自我に目覚め始めた少年の少し甘酸っぱいひと夏の物語です。

 

貴重な戦争のお話をぜひ?

読み物/中学生から

知らなかったぼくらの戦争

A. ビナード 編著

小学館 ¥1620

この本は著者のビナードさんがパーソナリティを務めていたラジオ番組で様々な方にインタビューしたのをまとめたものです。兵隊だった方、日系人として収容所に収監された方、GHQで働いた方、実にいろいろな立場から戦争について語っています。今までとはまた違う角度から戦争を知ることができます。ぜひご一読を!


今、あなたにこの一冊 2019年7月


水族館に行こう!

写真絵本/4〜5歳から

すいぞくかんのみんなの1日

松橋利光 写真 なかのひろみ 文

アリス館 ¥1728

私は水族館が大好き。大きな水槽の中を泳ぐ魚たちを見ているだけでなんだか癒されます。あなたはどうですか? 水族館に暮らす魚たちの1日を追ったのがこの絵本です。イワシ、サメ、マンボウなどがどんな1日を過ごしているかがよくわかります。水族館の飼育員の仕事も描かれていますよ。

 

スイカでおさかなゲット?

絵本/5〜6歳から

ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

庄野ナホコ 作、絵

講談社 ¥1404

いつもお腹をすかせている猫のルッキオとフリフリ。ある日、二匹の畑に大きなスイカがなっているのを発見。二匹はこれを海辺に遊びに来ている人に売って、マグロを買おう、と勇んで海辺へと出かけて行きました。果たしてうまくいくのかな? おとぼけコンビのお話です。

 

ゾクゾクしたいあなたに!

絵本/5〜6歳から

いるのいないの

京極夏彦 作、町田尚子 絵

岩崎書店 ¥1620

ぼくはおばあさんの家で暮らすことになった。その家はすごく古い。天井が高くて、上の方は暗がりになっている。天井を見上げるのはこわいけれど、気になって仕方がない。ある日上を見上げると、そこには怒った顔の男の人が…。夏にぴったりの極上の恐怖をお楽しみください。

岐阜には不思議がいっぱい?

エッセイ/大人向け

岐阜人の不思議

大藪千穂 著、

岐阜新聞社 ¥1080

京都育ちで現在は岐阜大学の教授である著者が見た、客観的な岐阜の、それもちょっと不思議な岐阜の姿が書かれたエッセイ。喫茶店好きとか、外食が多いとか、ドラッグストアがやたらあるということから、B紙、ガバリなどの独特な岐阜弁まで様々な不思議が書かれています。私も岐阜に引っ越した当初はいろいろとまどいました。今はすっかり岐阜人ですが…。

少年と老人の不思議なひと夏

読み物/小学高学年から

夏の庭

湯村香樹実 作

徳間書店 ¥1512

死んだ人を見てみたい。小学6年生の男子三人はそんな思いを強く抱き、近所の一人暮らしのおじいさんの家を監視することに。何日も監視しているうちに、なぜだかおじいさんと親しくなっていき、三人の世界が少しづつ広がりいろいろなことが変わり始めて行ったのですが…。好奇心から生まれた不思議な一夏の少年と老人の心の交流を暖かく、そして、深く描き出した一冊です。

悩み多き人にオススメ

読み物/小学高学年から

夏の庭

湯村香樹実 作

徳間書店 ¥1512

死んだ人を見てみたい。小学6年生の男子三人はそんな思いを強く抱き、近所の一人暮らしのおじいさんの家を監視することに。何日も監視しているうちに、なぜだかおじいさんと親しくなっていき、三人の世界が少しづつ広がりいろいろなことが変わり始めて行ったのですが…。好奇心から生まれた不思議な一夏の少年と老人の心の交流を暖かく、そして、深く描き出した一冊です。


今、あなたにこの一冊 2019年6月


歌って楽しい雨の絵本

絵本/2〜3歳から

あめぽったん

ひろかわさえこ 作、絵

アリス館 ¥864

梅雨が近づいていますね。雨が降るとついつい憂鬱な気分になりがちですが、雨が大好きな生き物もいるんですよ。この絵本に出てくる、カエルやカタツムリは雨が降ると大喜び。♪あめあめぽったん、あめぽったん♪なんて、調子よく歌ってみると雨も楽しくなるかも。三四郎店長のCDにも収録されています。

お仕事の時は何て呼ばれるの?

絵本/3〜4歳から

おとうさん・パパ・おとうちゃん

みやにしたつや 作、絵

すずき出版 ¥1296

みなさんの家では、お父さんのことを何と呼んでいますか? おとうさん、とうちゃん、パパ、おやじ、…。おうちでの呼び方もいろいろだけど、お仕事に行くとまたいろいろ。先生だったり、監督や運転手さん、いろいろですよね。あなたのお父さんはどんな風に呼ばれてるのかな? 父の日に聞いてみませんか?

ぼくは一体何なんだろう?

絵本/4〜5歳から

ぼく、おたまじゃくし?

田島征三 作、絵

佼成出版社 ¥1404

ぼくはおたまじゃくし。野原にある小さな池に大勢の兄弟と一緒に住んでいるんだ。これからぼくはかえるになるんだ。やがて兄弟たちには、足が生えて来た。手も出て来た。でも、ぼくはそのまんま。どうしてかな? 手足の代わりにひげが生えて来た。ぼくっていったいなんなんだろう…。さあ、みなさんはわかりますか?

違ってるのが当たり前

絵本/小学低学年から

いろいろいろんなかぞくのほん

M. ホフマン 文

R. アスクィス 絵

すぎもとえみ 訳

少年写真新聞社 ¥2052

家族の形は実に様々。両親が揃っている家族、父親だけ、母親だけ、おじいちゃんおばあちゃんと一緒。住むところだって様々。休日の楽しみ方もいろいろ。そんないろいろな形の家族像が楽しいイラストで描き出されています。今話題のLGBTの問題にもふれています。多様性をわかりやすく教えてくれる絵本です。

掃除機の働き方改革?

読み物/小学低学年から

そうじきのつゆやすみ

村上しいこ 作

長谷川義史 絵

PHP研究所 ¥1188

さて、今日は梅雨の晴れ間。久々に窓を開けて掃除でもしよっか!と張り切ったお母さん。でも、あれ?掃除機のスイッチが入らない。紙パックが詰まってるのかと、開けてみるとな、な、なんとパックには釣り道具が。掃除機をよくよく見ると目、口、そして手足まで。掃除機は釣りに行きたい、なんて言い出したのですが一体これはどういうこと?

目指せ、おしゃれキャンプ!

レシピ本/大人向け

1バーナークッキング

山戸ユカ 著

大泉書店 ¥1296

もうすぐ夏!キャンプに行きたいなって考えている方も多いのではないでしょうか? キャンプの料理と言えば、カレーやバーベキューが定番ですが、今年はもう少しおしゃれなものに挑戦してみませんか? この本にはそんなおしゃれなアウトドア料理がたくさん載っています。眺めているとキャンプしたくなること請け合いです!


今、あなたにこの一冊 2019年5月


パンになにはさもうかな?

絵本/3〜4歳から

サンドイッチサンドイッチ

小西英子 作、絵

福音館書店 ¥972

 

サンドイッチ美味しいですよね。いろんな具が挟まっていて見ているとワクワク。そんなサンドイッチを作る過程をとても美味しそうなイラストで描いたのがこの絵本です。言葉もリズミカルなので子どもたちと一緒に楽しめそう!

カエルにはカエルのやり方が!

絵本/4〜5歳から

カエルのおでかけ

高畠那生 作、絵

フレーベル館 ¥1296

 

天気予報を見てカエルは大喜び。明日は最高の天気になりそうだ。翌日カーテンを開けると土砂降り。でも、カエルは嬉しそうです。そう、カエルにとったら雨こそ最高のお天気なのです。早速おでかけの支度。飲み物持って、本持って、途中でハンバーガー買って、公園へGO!ぐちょぐちょのびっちゃびちゃのカエルのおでかけ。あなたもやってみる?

おかあさん大好き!

絵本/5〜6歳から

ぼく、おかあさんのこと…

酒井駒子 作、絵

文溪堂 ¥1620

 

うさぎの男の子はお母さんに言います。「ぼく、お母さんのことキライ!」。日曜日の朝はいつまでも寝ているし、ドラマばかり観てマンガ観せてくれないし、すぐ怒るし、それから、それから…。このあと男の子がお母さんをキライなほんとうの理由が出てくるのですが。なんとも微笑ましく、キュンとしてしまう絵本です。

いいわけばかりしていると…

絵本/小学低学年から

いいわけサウルス

おおなり修司 文

丸山誠司 

絵本館 ¥1404

 

男の子が教室に入ってきました。「また遅刻ですよ」って先生に怒られた男の子は、「うちの犬が靴を隠したんです」なんて言い訳してます。あれ、この男の子帽子も忘れたみたい、それに筆箱もたて笛もはさみも、お弁当まで忘れたようですよ。その度先生に言い訳してますが、言い訳すればするほど男の子の様子がだんだん変わって…。さてどうなっちゃうのかな?

ミミズクがくれた勇気

読み物/小学高学年から

右手にミミズク

蓼内明子 作

nakaban 

フレーベル館 ¥1512

6年生のたけるはいまだに右と左の区別がつかずにいました。ある日、転校生の女の子に、そんなの手に印をつければいいじゃんと言われ、右手にミミズクを描かれてしまいます。はじめはとまどったたけるでしたが、ミミズクを描かれてからなぜか力が湧いてくる気がするのでした。家族、友だち、複雑に絡む人間関係の中必死に生きる姿を描いた読み応えのある一冊です。

まずは相手を知ることが大事

図鑑/小学低学年から

キモカワ イモムシ超百科

やぎまきこ、いのうえけいこ 著

ポプラ社 ¥961

桜も散り、ぼちぼち毛虫やイモムシがお出ましになる季節がやってきますね。ビジュアルが苦手っていう方も多いこととは思いますが、嫌がるだけでなく、ちょっと相手のこと知ってみませんか?知ってみると意外と可愛いヤツ!なんて思えてくるかもしれませんよ。


今、あなたにこの一冊 2019年4月


どんなおべんとうがすき?

絵本/3〜4歳から

おべんとうしろくま

柴田ケイコ 作、絵

PHP研究所 ¥1404

 

食いしん坊すぎて、いろんな食べ物に入ってしまうしろくまくんシリーズ第三弾。今度はお弁当の中に入ってしまいましたよ。おにぎり弁当、サンドイッチ、のり弁、そぼろ弁当、いろいろなお弁当がありますよね。春は行楽の季節。お花見もありますよね。あなたはどのお弁当に入ってみたい? あっ違った、どのお弁当が食べてみたい?

外来生物にだって言い分がある

ノンフィクション/小学中学年から

侵略!外来いきもの図鑑

ウラケン・ボルボックス 絵、文

五箇公一 監修

PARCO出版 ¥1296

外来種というと大抵は在来種の存在を脅かす悪者的な扱いを受けていますよね。でも、外来種の動植物たちは好き好んで悪役になっているわけではないのです。食料としてとか薬としてとか様々な理由で日本に連れてこられ、たまたま繁殖してしまったのです。この本ではそんな外来種の弁明が書かれています。怖がったり、迷惑がったっりするだけでなく、本人の言い分も聞かなくちゃね!

あなたの周りにもきっとある

読み物/小学高学年から

ササフラス・スプリングスの七不思議

B. G. バーニィ 作、M. フェラン 絵

清水奈緒子 訳

評論社 ¥1620

アメリカの田舎町に暮らすエベンは狭い自分の街にうんざり。世界の七不思議に憧れていて、広い世界に出て行きたいと思っている彼は、父親から街の七不思議を見つけたら都会に行ける切符を買ってあげると言われ、調べ始めました。すると…。目の前のものは意外と見落としてしまうものなのですよね。

人は見かけじゃないのです

読み物/小学高学年から

大好き!クサイさん

D. ウォリアムズ 作、Q. ブレイク 絵

久山太市 訳

評論社 ¥1296

内気な女の子クロエは公園のベンチにいつも座っているホームレスの男の人がとても気になっていました。ある日クロエは思い切って話しかけてみました。その人は薄汚れた身なりだけれど、紳士のような話ぶりなのでした。二人は少しづつ親しくなっていくのですが…。人は見かけではない、大切なのは心なのだ、と教えてくれる物語です。

道草は楽しいのです

図鑑/大人向き

道草の名前

稲垣栄洋 監修、加古川利彦 絵

マイルスタッフ ¥2052

春が来ました。花がいろいろなところで咲き始めました。多くの人が桜に心奪われるでしょうが、足元にもご注目を! 小さくて華麗なる花々がたくさんありますよ。この本ではそんな雑草と呼ばれる花々を紹介しています。名前の由来や食べ方、遊び方などがわかりやすく書かれています。お散歩のお供にいかがですか?

戦場カメラマンという仕事

ノンフィクション/小学高学年から

久保田弘信 著

汐文社 ¥1620

大学を出て物理の先生を志していた著者ですが、写真スタジオのアルバイトをきっかけにカメラマンに。そして旅行ガイドブックの取材で知り合ったパキスタン人の誘いで足を踏み入れたアフガン難民の地。そこから彼の思いは難民の人たちが懸命に生きる姿をありのまま伝えることにシフトしていきます。戦争の悲惨さをその目で見てきた戦場カメラマンの言葉にはじつに重みがあります。


今、あなたにこの一冊 2019年3月


さあ、おどりましょう!

絵本/2〜3歳から

おどります

高畠 純 作、絵

絵本館 ¥1296

なんだか怖い顔をしたブタがいます。でも、ページをめくると、なんとそのブタが「メケメケフラフラ~」とじつに楽しそうに踊り出します。その後のページでも、ウマやイヌ、大きなゾウまでメケメケフラフラ~。さあ、次はあなたの番ですよ!

(杉山三四郎 絵本をうたう2 「あなたがいるから」に収録)

 

動物たちがレモンを食べたら…

絵本/3〜4歳から

オー・スッパ

越野民雄 文、高畠 純 絵

講談社 ¥1728

あなたはレモンをかじったことありますか? この絵本に登場する動物たちはレモンをガブっとやってしまったのです。黄色いのは熟れた証拠と思ったり、草ばかり食べてるからたまには違うものを食べたいと思ったからとか。でもその結果、オースッパ!だったのです。読んでいるとこちらまでスッパ顔になってしまいそう!

(杉山三四郎 絵本をうたう4 「たいせつなこと」に収録)

 

おとのさまも一年生に〜?

絵本/4〜5歳から

とのさま1ねんせい

長野ヒデ子、本田カヨ子 作、 絵

あすなろ書房 ¥1404

お殿様は勉強が大嫌い。家来たちがそろばんや習字をやらせようと思っても「いやじゃ」の一言。お殿様はもうすぐ一年生にならなきゃいけないのに、それも「いやじゃ!」と逃げ出してしまいました。困った家来たちはいろいろ知恵を絞りましたよ。さて、それはね…。ゆかいなお殿様のお話です。

 

 

パンが歌舞伎とはこれいかに?

絵本/4〜5歳から

かぶきやパン

かねまつすみれ 作

長野ヒデ子 絵

童心社 ¥1404

クロワッサンが歌舞伎の格好をしているなんともインパクトのある表紙。店主が大の歌舞伎好きで、かぶきやパンというパン屋さんを開店させたという設定。オープン前の店内でパンたちが、歌舞伎の口上で自己紹介をしています。歌舞伎とパンという不思議な組み合わせがなんともユニークですよね。思い切りカッコつけて読むと楽しそうです。

 

ほったらかしにされた野菜たちは

絵本/3〜4歳から

ぞろりぞろりとやさいがね

ひろかわさえこ 作、絵

偕成社 ¥1512

野菜たちは怒っています。冷蔵庫にしまわれたまましなびたきゅうり、ぶよぶよになったトマト、芽が出てしまったジャガイモ。放ったらかしにされ、こんな姿になり、もう野菜としての価値はなくなってしまった!もう我慢できない。そこで、野菜たちは結集して復讐を企てますが…。野菜は早めに使いましょうね。

 

リズミカルなことばあそび

絵本/2〜3歳から

くりくり

ひろかわさえこ作, 絵

アリス館 ¥864

日本語には「くり」が付くことばがいろいろありますよね。びっくり、しゃっくり、ゆっくり、ぱっくり、じっくりなどなど。そんなことばを集めてお話にしてしまったのがこの絵本です。リズミカルなことばとユーモラスなイラストで、思わずいっしょにからだを動かしたくなっちゃいます。小さいお子さんの読み聞かせにもぴったりの絵本です。

(杉山三四郎 絵本をうたう1 「BIG, BIG TREE」に収録)

 


今、あなたにこの一冊 2019年2月


日本の伝統 お雛様

写真絵本/4〜5歳から

ひなにんぎょうができるまで

人形の東玉 監修

ひさかたチャイルド ¥1404

3月3日は桃の節句。女の子のいるお家はお雛様を飾りますよね。ところで、お雛様はどんな風にできていくのでしょうね。この絵本ではその工程を写真とともにとても丁寧に紹介してくれています。大勢の人の細かな作業によって生み出される雛人形。日本の伝統、大切にしたいですね。

 

寒い季節にはやっぱりおでん

絵本/3〜4歳から

にぎやかなおでん

犬飼由美恵 文

出口かずみ 絵

教育画劇 ¥1188

寒い日にはおでん!おでんの具の中では何が好きですか?私は大根と卵かな?さて、おでんの鍋の中で何やら話し声がしますよ。どうもおでんの具たちが自慢話をしているようです。こんにゃくは畑の中の話をしているし、はんぺんは海の中の話をしています。加熱する自慢合戦。決着はつくのかな?

 

こんなランドセル欲しい?

絵本/4〜5歳から

かぶとむしランドセル

ふくべあきひろ 作

おおのこうへい 絵

PHP研究所 ¥1296

もうすぐ一年生になるみっちゃんの元へおじいちゃんからランドセルのプレゼントが届いたのですが、普通のとは違って、生きたランドセルだったのです。みっちゃんのことを守ろうといろいろ世話をやくんだけど、かえって仇に。みっちゃんはカンカン!ランドセルを捨ててしまうのですが…。新一年生へオススメの絵本です。

 

いつか ここではない どこかへ

絵本/大人向き

ぼくのたび

みやこしあきこ 作、絵

ブロンズ新社 ¥1620

ぼくは小さなホテルのオーナー。ここには様々な国からお客様がやってくる。その国の話をお客様から聞くのはとても楽しい。ぼくは自分の町の話をする。ぼくはこの町以外のところに行ったことがない。だけど、いつかどこかに行けたらいいなぁ…。暗めのトーンで静かに描かれた絵本。上質の映画を観た後のように心に沁みてきます。

ほんわかな日常のお話

読み物/小学低学年から

すみれちゃんは一年生

石井睦美 作

黒井 健 絵

偕成社 ¥1080

すみれちゃんはもうすぐ一年生。すみれ色のランドセルと自分専用の机を買ってもらい、気分はすっかり小学生。でも、心配事もたくさん。小さな妹のかりんちゃんがランドセルや机に触らないかしら…。おしゃまな女の子の日常をユーモラスにそして暖かく描き出した物語です。

自分の殻を破ってみない?

読み物/小学高学年から

天地ダイアリー

ささきあり

フレーベル館 ¥1512

広葉は中学一年生の男の子。引っ越してきたばかりで、今までとはまったく違う場所で新生活を始めることととなりました。人と接するのが苦手で、いつもマスクをしてスクールカーストの最下層でひっそり過ごすと決め込んでいたのですが、栽培委員会に入ってから少しずつ風向きが変わってきて…。引っ込み思案な中学生の成長を爽やかに描きます。


今、あなたにこの一冊 2019年1月


新一年生へのプレゼントに!

絵本/4〜5歳から

いちねんせい

谷川俊太郎 詩

和田 誠 絵

小学館 ¥1080

新しい年を迎え、春になったら小学校へ入学するのを楽しみにしているお子さんも多いことでしょう。そんな子どもたちへすてきな詩集の贈り物はいかがでしょう? 谷川俊太郎さんがすべてひらがなで書いたとてもわかりやすい詩が23篇収録されています。

 

オニだって辛いのだ

絵本/5〜6歳から

オニのサラリーマン

富安陽子 文、大島妙子 絵

福音館書店 ¥1512

主人公はオニ。その名をオニガワラケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンなのです。満員バスに揺られ、上司に怒られ、同僚と愚痴を言い合い、あれ?なんだか人間のサラリーマンみたい。オニの世界も似たようなものなのかもしれませんね。読み聞かせにもぜひ。

 

歌舞伎への第一歩

絵本/4〜5歳から

あらしのよるに

きむらゆういち 原作、文 

あべ弘士 絵

講談社 ¥1944

やぎとおおかみの種を超えた熱い友情を描いた絵本のシリーズが歌舞伎になり、京都や東京で大好評を博しました。そして、今度はその歌舞伎のお話が絵本になって登場。躍動感溢れる絵が歌舞伎の舞台を彷彿させます。限定で作者のサイン入りですよ!

 

十二支の謎が明かされる!

絵本/4〜5歳から

十二支のおはなし

内田麟太郎 文

山本 孝 絵

岩崎書店 ¥1296

今年はイノシシ年。干支の順番はみなさん言えますか? 子丑寅禹…。なぜこのような順番になったかの由来を書いた絵本は数々ありますが、この絵本は絵のインパクトがものすごいです。動物、神様、門番など登場人物のキャラが濃くて、とても楽しく読めますよ。 

 

十二支の謎が明かされる!

絵本/4〜5歳から

おなじ月をみて

J. リャオ 作、絵

天野健太郎 訳

ブロンズ新社 ¥1512

一人の男の子が窓の外を眺めています。男の子の家の庭には、次々傷ついた動物がやってきます。その度手当をする男の子。そしてある日、男の子が待ち焦がれた人がとうとう帰ってきたのです。傷ついた足をして…。声高に叫ぶことのない静かな反戦の絵本です。

 

十二支の謎が明かされる!

絵本/5〜6歳から

そらはあおくて

C. ゾロトウ 文

杉浦さやか 絵 

なかがわちひろ 訳

あすなろ書房 ¥1404

古いアルバムに自分の母親の小さい頃の写真を見つけた女の子。着ている洋服、遊んでいるおもちゃなど今と随分違うって言う女の子に母親は言います。少しも変わっていないわよ、空は青くて草は緑…。変わらないものの大切さをそっと教えてくれる絵本です。ぜひ親子で読んで欲しい一冊です。